日曜劇場のドラマ「さよならマエストロ」が、2024年1月14日から放送開始となりました。

この記事では、登場したクラシック曲を紹介しています。

個人的に西島秀俊さんが大好きなので、全話見るつもりです😆

また、クレジットで確認しましたが、メインテーマのピアノ担当は角野隼斗さんでした。

音楽監修は、皆さんご存じ、広上淳一さん。
かつて、バーンスタインのアシスタントを務めてらっしゃったこともあります。

出演者も豪華ですし、これは本当に楽しみですね☺

作中のうたカフェで、昭和の名曲が登場するのも面白いです。

ですが、BGMで流れる曲で、分からないものがあります💦
聴き逃している曲もあるかもしれません。

詳しいことが分かれば、また追記いたします。

楽曲は全て登場した順に、時系列でまとめています。

また、なるべくネタバレにならないようにしていますが、性質上内容が分かってしまうところがあるので、注意してくださればと思います。

なお、音源は全てフリー素材を使っています。
いつものように、こちらのサイトから利用させていただきました。

>>「クラシック名曲サウンドライブラリー」

第1話で登場した曲一覧

「狩り」/ヨハンシュトラウス2世

  • 曲名:ポルカ「狩り」
  • 作曲者:ヨハン・シュトラウス2世

西島秀俊さん演じる夏目俊平が、ドラマ冒頭で指揮した曲です。

ヨハン・シュトラウス2世の「狩り」ですが、元々はオペレッタ「ウィーンのカリオストロ」の一曲です。
それをポルカ用に編曲したものとなります。

演奏している途中、実際に猟銃を撃つというパフォーマンスが有名です。
もちろん、空砲なので、ご安心を。

銃を撃つ担当は、オーケストラによって異なりますが、打楽器奏者というケースが多いです。

ドラマでは、指揮者の俊平が銀の銃を撃つシーンがありましたね。

ただ、指揮者が銃を放つという例は、あまり見たことがないような…

ドラマならではの演出と言えるかと思います。

「交響曲第3番」/シューマン

  • 曲名:「交響曲第3番(ライン)」
  • 作曲者:シューマン

石田ゆり子さん演じる夏目志帆からの電話を受け取った後に、俊平が指揮した曲です。

シューマンの交響曲第3番は、ラインという標題が付けられていますが、これはライン川のことです。

この後も、アレンジしたような曲がBGMで流れたと思います。

「ヴァイオリン協奏曲」第2楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第2楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

大西利空さん演じる夏目海がテレビをつけたときに流れた曲です。
その後、芦田愛菜さん演じる夏目響がすぐにテレビを消してしまいました。

有名なメンコンの第2楽章でしたね。

ヴァイオリン協奏曲 第2楽章

別の記事でも説明していますが、メンデルスゾーンはニ短調のヴァイオリン協奏曲も作曲しましたが、こちらはほとんど知られていません。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲といえば、一般的にホ短調の曲を指しますね。

「交響曲第5番」第1楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第5番(運命)」第1楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

晴見フィルハーモニーが練習していた曲ですね。

個人での練習を含め、ドラマで何度も登場しました。

久間田琳加さん演じる内村菜々の解釈が、とても興味深かったですね。

「アマポーラ」/ホセ・ラカジェ

  • 曲名:「アマポーラ」
  • 作曲者:ホセ・ラカジェ

うたカフェで、西田敏行さん演じる小村二朗が歌っていた曲です。

クラシックとは言えないと思いますが、日本でもたくさんの方がカバーしていますね。

「国民の象徴」/バグリー

  • 曲名:行進曲「国民の象徴」
  • 作曲者:バグリー

内村菜々が俊平に高校の最後の大会の話をしているときの、回想シーンで演奏していた曲です。

「国民の象徴」でしたが、行進曲の中でも特に有名ですね。

マーチといえばスーザを思い浮かべると思いますが、アメリカ合衆国では、スーザの「星条旗よ永遠なれ」と並ぶくらい人気があるようです。

「交響曲第5番」第4楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第5番(運命)」第4楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

當真あみさん演じる学生が会場を訪れ、響がドアを開けた瞬間、晴見フィルハーモニーが演奏していた曲です。

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の第4楽章です。

もちろん、第1楽章から演奏していたという設定だと思います。

「運命」はどうしても第1楽章のインパクトが強いですが、第4楽章まで通して聴くと、苦難を乗り越えるストーリーがよく分かるので、ぜひ全楽章通してお聴きくださればと思います。

まとめ

冒頭で、バーンスタインのエピソードが出てきましたね。

夏目俊平の指揮スタイルを見ていると、バーンスタインを意識しているのかなと思いました。
熱情的な激しい動きをしますよね。

ドラマのタイトルでもある「アパッシオナート」は音楽用語で「熱情的に」という意味なので、音楽に対する俊平の姿勢も象徴しているのかもしれません。

そして、ラストシーンは、ある程度予想できました。
伏線ありましたもんね。
まだ、二人の関係はよく分かりませんし…

とはいえ、ここで再び「運命」の第1楽章が流れるのは、見事な演出だと思います。

第2話で登場した曲一覧

「ウィリアムテル」序曲/ロッシーニ

  • 曲名:「ウィリアムテル」序曲
  • 作曲者:ロッシーニ

晴見フィルハーモニーが演奏した曲です。

ドラマの最初の方で、芦田愛菜さんの解説がありましたね。

その後も、何度も登場しました。

第4部の「スイス軍の行進」が有名ですが、第1部のアンダンテ(夜明け)も演奏されていました。
「スイス軍の行進」とは対照的に、とても静かなメロディーです。

「交響曲第5番」第4楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第5番(運命)」第4楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

當真あみさん演じる谷崎天音が歩きながら、晴見フィルハーモニーの演奏を思い出したシーンで。

第1話の演奏シーンの回想ですね。

「皇帝円舞曲」/ヨハンシュトラウス2世

  • 曲名:皇帝円舞曲
  • 作曲者:ヨハン・シュトラウス2世

こちらは、実際に曲が流れたわけではないですが、天音が晴見フィルハーモニーが練習していたところにやって来て、口ずさんだ曲です。

俊平は「エンペラーワルツ」と呼んでいましたが、日本では「皇帝円舞曲」と呼ぶのが一般的だと思います。

1つ目と「マスト」と言った2つ目のメロディは、皇帝円舞曲のものというのは分かるのですが。
3つ目、4つ目から、よく分からなくなりました(汗)

シュトラウス2世の別の曲かと思いましたが、皇帝円舞曲のメロディのようです。

何回聴いても、副旋律まではなかなか記憶に残りません。
オーケストラなどで実際に演奏しないと、すぐには聴き取れないと思います。

それだけ、谷崎天音がスゴイということですね。

「カルメン」より「バハネラ」/ビゼー

  • 曲名:「カルメン」より「バハネラ」
  • 作曲者:ビゼー

新木優子さん演じる倉科瑠李が、うたカフェで歌っていた曲です。

オペラ「カルメン」で、ヒロインのカルメンが歌う有名な曲ですね。
「恋は野の鳥」と呼ばれることもあります。

第1幕が始まってから、わりとすぐに登場するシーンです。

カルメン組曲として編曲されることも多いですが、この場合はもちろん歌詞はありません。

このブログのあちこちで語っていますが、歌劇「カルメン」はとても迫力があるので、まだ観たことがない方は、ぜひ鑑賞してくださればと思います。

「無伴奏チェロ組曲第6番」第4曲/バッハ

  • 曲名:「無伴奏チェロ組曲第6番」第4曲(サラバンド)
  • 作曲者:バッハ

佐藤緋美さん演じる羽野漣の工場に、俊平が訪れる途中で、羽野漣が演奏していた曲です。
後をつけていた響も聴いていた曲です。

このシーンのノスタルジックな雰囲気が、とても素敵でした。

無伴奏チェロ組曲は、チェロの曲の中で最も有名な作品でしょう。

「無伴奏チェロ組曲第6番」第6曲/バッハ

  • 曲名:「無伴奏チェロ組曲第6番」第6曲(ジーグ)
  • 作曲者:バッハ

羽野漣の工場で、始めに俊平が鍵盤ハーモニカで吹いた曲です。

ちょっと分かりにくかったですが、第6曲のジーグだと思います。

「無伴奏チェロ組曲第6番」第5曲/バッハ

  • 曲名:「無伴奏チェロ組曲第6番」第5曲(ガヴォット)
  • 作曲者:バッハ

羽野漣の工場で、漣が俊平に「ちょっと違いますね」と言って、弾いた曲です。

その後、俊平が鍵盤ハーモニカを吹き、漣がチェロを弾いて合奏しました。

この楽器の組み合わせは面白かったですね。

「ヴァイオリン協奏曲」第2楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第2楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

ドラマのラスト近くで、羽野漣が、響のことを思い出したときに演奏していた曲です。

通称メンコンですが、第1話と同じく第2楽章でした。

その後、響が楽譜を整理しているときにも、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の封筒のようなものを見つけてました。

第1話で、響がテレビを消したのは、メンコンがトラウマになっているということでしょうか。

ちなみに、「リバーサルオーケストラ」の主人公・初音はチャイコンがテーマでした。

「さよならマエストロ」では、響のテーマがメンコンということかもしれませんね。

まとめ

新木優子さんや佐藤緋美さん、當真あみさんも加わり、盛り上がってきましたね。

登場人物の関係がこれからどうなっていくのか、楽しみです。

また、羽野漣の父親を利重剛さんが演じていました。
「リバーサルオーケストラ」では、初音のお父さん役だったんですよね。

まあ、やはり、リバーサルオーケストラを思い出してしまうときがあります😆

第3話で登場した曲一覧

「ウィリアムテル」序曲/ロッシーニ

  • 曲名:「ウィリアムテル」序曲
  • 作曲者:ロッシーニ

ドラマの冒頭で、宮沢氷魚さん演じる森大輝がトランペットで吹いていた曲です。

最も有名であろう「スイス軍の行進」のパートです。

「皇帝円舞曲」/ヨハンシュトラウス2世

  • 曲名:皇帝円舞曲
  • 作曲者:ヨハン・シュトラウス2世

第2話同様、実際に曲が流れたわけではないですが、天音が歩きながら口ずさんでいた曲です。

個人的に、皇帝円舞曲では、この部分とすぐ後に続くメロディが一番好きです。

これぞ、シュトラウス!という感じですね☺

「ジ・エンターテイナー」/ジョプリン

  • 曲名:ジ・エンターテイナー
  • 作曲者:ジョプリン

天音が、うたカフェに入った時に流れた曲です。

楽器を物色しているところまで流れました。

ジョプリンの「ジ・エンターテイナー」は、P・ニューマンR・レッドフォードの2度目の共演となった「スティング」のテーマ曲でも有名ですね。

二人の3度目の共演が観たかったものです…

「ヴァイオリン協奏曲」第2楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第2楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

天音がヴァイオリンを弾いている姿を見て、俊平が響の演奏を思い出しているシーンで。

1話と2話と同じく、第2楽章でした。

市役所で、羽野漣が響に話しかけたところまで流れていました。

「交響曲第6番」第1楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第6番(田園)」第1楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

芦田愛菜さんの説明で始まったオープニングから、晴見フィルハーモニーが演奏していました。

その後、天音が「太鼓の達人」で楽譜を読む練習をしているシーンと、朝市でのコンサートでも披露されてました。

ベートーヴェンの交響曲はタイトルが記されたものがいくつかありますが、第6番は「田園」です。
しかも、各楽章に標題が付けられています。

第1楽章の標題は、俊平が説明したように「田舎に到着したときの晴れやかな気分」となりますが、「田園に着いた時の愉しい気分」とか「田舎に到着したときの愉快な感情の目覚め」とか、色々な日本語訳があります。

「交響曲第6番」第4楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第6番(田園)」第4楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

晴見フィルハーモニーの練習シーンで。

最初は、内村菜々がティンパニを叩いたあたりです。

その後、何度も晴見フィルが練習し、朝市でのコンサートでも演奏されました。

第4楽章の標題は「雷雨、嵐」ですが、こちらの邦訳は統一されていると思います。

やはり、物語の流れからしても、この第4楽章は外せないですね。

「交響曲第6番」第2楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第6番(田園)」第2楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

朝市のコンサートで、森大輝と羽野漣が2人きりで演奏した曲です。

標題は俊平が説明したように「小川のほとりの情景」で、こちらもほぼ統一されていますが、「小川のほとり」と省略されることもあります。

トランペットとチェロのデュオなんて初めて聴きましたが、素晴らしかったですね。
とても新鮮でした(^^♪

「ヴァイオリン協奏曲」第1楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第1楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

ラストで、響がヴァイオリンを手にして演奏した曲です。

メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」第1楽章

やはり来ました第1楽章です。

演奏されていたのは、終結部に入る前のヴァイオリンの独奏の部分です。

上記の音源だと、6分過ぎたあたりからの部分です。
ヴァイオリンの独奏ですが、ちょっと分かりにくいかもしれません。

メンコンでは、第1楽章の出だしが最も有名だと思います。

別の記事でも説明しましたが、第1楽章の冒頭でいきなりサビを持ってきたという感じです。

コンチェルトでヴァイオリンがソロパートで冒頭から演奏されるスタイルは、メンデルスゾーンが初めて取り入れたとされています。
この主題が、その後も繰り返されることになります。

急に明るくなる第3楽章も登場するかもですね。
お楽しみに😆

まとめ

3話のテーマとなったのは、ベートーヴェンの交響曲第6番でしたね。

「田園」という標題のとおり、ハイリゲンシュタットの田園風景を思い描いたものと言われています。

「運命」もそうですが、特に「田園」は物語性が強いので、ぜひ第5楽章まで全て通して聴いてくださればと思います。

さて、ドラマは登場人物がそれぞれ関わりを持ちはじめ、さらに面白くなってきました。

次回も楽しみです(^^♪

第4話で登場した曲一覧

「ヴァイオリン協奏曲」第1楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第1楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

ドラマの冒頭で、響が演奏していた曲です。

前回の続きという感じでした。

いわゆるカデンツァと呼ばれるパートを弾いていたようです。

カデンツァは、ソロの演奏者が自由に即興で演奏する部分のことです。

そして、ヴァイオリン協奏曲では、楽章の最終部で演奏されるのが一般的でした。

言うなれば、曲の最後で、ヴァイオリンのソロのテクニックをたっぷり聴かせるというのが通例だったわけです。

ところが、メンコンではカデンツァを楽章の真ん中に持ってきたんです。

このカデンツァを真ん中にして楽章全体を自然な感じに仕上げたのも、メンデルスゾーンが初めてと言われています。

まあ、このように、メンコンって様々な仕掛けがあるんですよね。

なので、当時はコンチェルトとして画期的な曲だったというわけなんです。

「セビリアの理髪師」序曲/ロッシーニ

  • 曲名:「セビリアの理髪師」序曲
  • 作曲者:ロッシーニ

第4話のテーマ曲。

序曲がメインでしたが、4話全体を通じて「セビリアの理髪師」の曲があちこちで流れたようです。

「セビリアの理髪師」は、理髪師のフィガロが恋沙汰に巻きこまれて、若き伯爵アルマヴィーヴァとロジーナとの恋を助けるという内容の喜劇です。

この前に、モーツァルトが「フィガロの結婚」を制作したのも有名ですね。

「フィガロの結婚」は「セビリアの理髪師」のその後のお話を描いた作品です。

時期は前後しますが、どちらも面白いので、ぜひご覧になってください!

原作となった戯曲も出版されているので、こちらを一読するのもおススメです☺

「セビリアの理髪師」私は町のなんでも屋/ロッシーニ

  • 曲名:「セビリアの理髪師」より「私は町のなんでも屋」
  • 作曲者:ロッシーニ

理髪店の「フィガロ」で、レコードから流れていた曲です。

オペラでは、第1幕の始めの方でフィガロが登場する場面で歌われます。

西田敏行さん演じる小村二朗と、不破万作さん演じる古谷太郎が

della città, della città, della città

と声を合わせて歌っていましたが、直訳すると「この町の(なんでも屋だ!)この町の!この町の!」というような意味です。

「線路は続くよどこまでも」

  • 曲名:線路は続くよどこまでも
  • 作曲者:不明

玉山鉄二さん演じる古谷悟史が、石田ゆり子さん演じる夏目志帆のリクエストに応えた2曲目です。

1曲目はセビリアの理髪師の序曲でした。

2曲目は、日本でもよく知られている「線路は続くよどこまでも」ですね。

元々はアメリカ合衆国の民謡で、19世紀に鉄道建設労働者がよく歌っていた楽曲と言われています。

歌詞の内容については、色々都市伝説がありますね。

その意味について考察したテレビ番組なども見たことがあります。

「交響曲第6番」第1楽章 /ベートーヴェン

  • 曲名:「交響曲第6番(田園)」第1楽章
  • 作曲者:ベートーヴェン

津田寛治さん演じる近藤益夫が、動画を再生して流れた曲です。

前回の野外コンサートの様子がアップされてました。

まとめ

最後の「セビリアの理髪師」序曲の演奏は、かなりコミカルに描かれていましたね。

あんな演奏はシーンは初めて見ましたが、とても新鮮でした。

また、人間模様がさらに複雑になってきましたね。

道島慎之介さん演じる元マネージャーの鏑木君も登場し、さらに面白くなってきました。

今のところ、各話のテーマとなる曲がベートーヴェンとロッシーニの2人の作品だけですが、今後の放送でどんな作品が登場するのか楽しみにしています☺

第5話で登場した曲一覧

「セビリアの理髪師」序曲/ロッシーニ

  • 曲名:「セビリアの理髪師」序曲
  • 作曲者:ロッシーニ

5話の冒頭の回想シーンで。

晴見フィルハーモニーが4話で演奏した曲ですね。

「ヴァイオリン協奏曲」第2楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第2楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

羽野漣が語った回想シーンで。
コンクールのセミファイナルで響が演奏していた曲です。

その後、海が天音に響のことを話していたシーンでも流れました。

メンコンの第2楽章は、少し哀愁を帯びた旋律ですが、ほんと美しいですね(^^♪

「Look for thr silver lining」/ジェローム・カーン

  • 曲名:Look for thr silver lining
  • 作曲:ジェローム・カーン
  • 作詞:バディ・デシルヴァ

うたカフェで、森大輝が歌った曲です。

現在では、有名なジャズナンバーとして知られていますね。

歌詞には、希望の光を探そうというメッセージが込められており、ドラマの情景にとても合っていました。

「Look for thr silver lining」は、元々はミュージカル「Sally」で初めて紹介され、その後、様々な歌手によってカバーされています。

最も有名なのは、チェット・ベイカーのカバーでしょう。
ドラマで披露されたのも、彼の曲ですね。

また、ジュディ・ガーランドのレパートリーとしても有名です。
私がこの曲を初めて知ったのも、確か彼女が歌っていたのを聴いたことがきっかけだったと思います。

特に映画「Till the Clouds Roll By」で、披露した歌声は聴衆を魅了しました。
とても素敵なミュージカルなので、こちらもぜひご覧になってください!

「皇帝円舞曲」/ヨハンシュトラウス2世

  • 曲名:皇帝円舞曲
  • 作曲者:ヨハン・シュトラウス2世

ドラマのラスト近くで、天音が楽譜を見ながら聴いていた曲です。

今までは口ずさんでいただけでしたが、今回は実際にメロディーが流れましたね。

まとめ

第5話は、晴見フィルによる演奏はありませんでした。

少し寂しかったですが、人間模様に重きが置かれたようで、ドラマのターニングポイントとなる回という感じがします。

海の切実な想いが、よく分かります。
泣きそうになりました😢

そして、天音のお父さんが…
もしかしたら、そうかもとは思いましたが。

予想が的中した方も多いと思います。

今後も波乱の展開が続きそうですね。

第6話で登場した曲一覧

第6話のテーマ曲は、カルメン(組曲)でしたね。

カルメンの有名な曲がいくつか登場しました。

「カルメン」より「バハネラ」/ビゼー

  • 曲名:「カルメン」より「バハネラ」
  • 作曲者:ビゼー

倉科瑠李が歩いているシーンから、オープニングまで。
芦田愛菜さんの説明と共に流れました。

「きらきら星変奏曲」/モーツァルト

  • 曲名:きらきら星変奏曲
  • 作曲者:モーツァルト

海と天音が話している時に、海がピアノで弾いた曲です。

日本でも「きらきら光るお空の星よ~」で有名ですね。

きらきら星変奏曲

元々はフランスの民謡で、それを基にモーツァルトが変奏曲として作曲しました。

各変奏は、原曲の魅力を損なうことなく、モーツァルト独自の音楽的アイデアを展開しています。

「これでもか!」というほどに変奏を重ね、卓越した技巧と音楽的センスを見せつけている感じです。

各変奏を通じて、モーツァルトの遊び心や創造性が光っていて、いかにもモーツァルトらしい曲と言えますね。

「ナイチンゲール」/ドンジョン

  • 曲名:ナイチンゲール
  • 作曲者:ドンジョン

瑠李が俊平と話しているときの回想シーンで。
幼い時の瑠李が発表会で演奏していた曲です。

ヨハネス・ドンジョンが作曲した「ナイチンゲール」で、フルートのための有名な独奏曲です。

フルート奏者の定番レパートリーの1つで、コンサートやリサイタルでよく演奏されます。

フルートの技巧を駆使した華麗な旋律で知られ、ナイチンゲールのさえずりを模倣した部分が特に印象的です。

ナイチンゲールというのは、日本ではサヨナキドリという鳥を指しているそうです。

私はしばらくウグイスだと記憶していましたが、ウグイスとは違う鳥みたいですね。

ただ、ナイチンゲールは西洋のウグイスと呼ばれているそうで、美しい鳴き声というのは共通するようです。

「ヴァイオリン協奏曲」第3楽章 /メンデルスゾーン

  • 曲名:「ヴァイオリン協奏曲(ホ短調)」第3楽章
  • 作曲者:メンデルスゾーン

俊平が客席にすわって、響の演奏を思い出しているシーンで。

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第3楽章のいわゆるコーダ(終結部)ですね。

メンコンでは第1楽章から第3楽章の冒頭まで、一貫して悲しげなメロディーが展開されます。

ところが、第3楽章の中盤に差し掛かると、急に明るいメロディーに転じ、そのまま最後は晴れやかな雰囲気でフィナーレを迎えます。

メンデルスゾーンはこの部分で、技巧的なヴァイオリンの情熱とオーケストラの豊かな響きを巧みに組み合わせ、作品全体の感情的な旅路を見事に締めくくっているんですよね。

メンコンの全楽章を通じて聴くと、この旅路の様子がよく分かるので、ぜひ全体を通してお聴きくださればと思います。

「カルメン」より「闘牛士(前奏曲)」/ビゼー

  • 曲名:「カルメン」より「闘牛士(前奏曲)」
  • 作曲者:ビゼー

コンサート前、俊平が闘牛士の服装をして登場したときに流れた曲です。

コンサートでも第2曲目で登場し、俊平のリクエストで観客が指揮をした曲ですね。

「カルメン」より「闘牛士」

歌劇では「カルメン」の開幕を飾る短い楽章です。

その後も闘牛士のテーマとして何度か登場し、オペラの中でも重要な役割を果たしています。

カルメン組曲では「前奏曲」というタイトルが用いられることが多く、第1組曲の最初に演奏されるのが一般的です。

この前奏曲は、テレビ番組やCMのテーマ曲などでよく使われますね。

「ウィリアムテル」序曲(第3部「静寂」)/ロッシーニ

  • 曲名:「ウィリアムテル」序曲(第3部「静寂」)
  • 作曲者:ロッシーニ

コンサート前に、俊平が瑠李に語りかけていたときの回想シーンで。
晴見フィルの練習風景でしたが、特に瑠李がフルートを吹いているところがピックアップされていました。

「ウィリアムテル」序曲の第3部「静寂」と呼ばれる部分で、嵐が静まる風景を表現しています。

特にコーラングレ(イングリッシュ・ホルン)とフルートの音色が美しいですね。

「カルメン」より「間奏曲」/ビゼー

  • 曲名:「カルメン」より「間奏曲」
  • 作曲者:ビゼー

コンサートで、瑠李を中心にして演奏された曲です。

カルメンの間奏曲ですが、歌劇では第3幕と第4幕の間に演奏されます。
組曲だと、第1組曲の3曲目に配置されるのが通例ですが、オーケストラによって多少順番が異なることがあります。

カルメンの間奏曲は、フルートとハープの美しい音色が特徴的ですね。

「カルメン」より「ジプシーの踊り」/ビゼー

  • 曲名:「カルメン」より「ジプシーの踊り(歌)」
  • 作曲者:ビゼー

津田寛治さん演じる近藤益夫が指揮した曲です。

歌劇では、第2幕への間奏曲として、カルメンが仲間と一緒に踊って歌う曲で「ジプシーの歌」と呼ばれます。

組曲では、「ジプシーの踊り」というタイトルになり、第2組曲の最後、すなわち全曲のトリを飾る曲として取り入れられることが多いです。

個人的に、組曲のクライマックスということもあり、カルメンの中で最も盛り上がる曲という印象があります。

「他人の関係」

  • 曲名:他人の関係
  • 作詞:有馬三恵子
  • 作曲:川口真

白石加代子さん演じる富子さんが、思い出せなかった曲です。

正解は「他人の関係」でした。

オリジナルは金井克子さんのシングルで、一青窈さんがカバーしています。
フジテレビ系ドラマ「昼顔」の主題歌でも有名となりましたね。

これは、私も最後まで分かりませんでした(汗)

まとめ

カルメンはオペラはもちろん、組曲も魅力的ですね。

ただ、ビゼー自身が編曲したわけではないので、オーケストラによって採用される曲目や順番が違ったりします。

一般的なカルメン組曲は、第1組曲と第2組曲合わせて約30分という長さです。

歌劇での様々なシーンの曲が登場するので、ぜひ全曲通してお聴きくださればと思います。

ドラマのストーリーはこれからが気になりますね。

晴見フィルとしての演奏が聴きたいですが、どうなるんでしょう。

ちょっとモヤモヤしますが、今後も見守っていきたいと思います。