京阪電車と「名探偵コナン」がコラボしました!

京阪電車で、2022年9月16日からコナンをデザイン化した列車「コナントレイン」が運行することとなりました。

ひらかたパークで、2022年9月17日~11月6日まで開催される「DETECTIVE CONAN THE MOVIE展 ~銀幕の回顧録(メモワール)~」を記念して、コラボを実施したようです。

ひらかたパークといえば、大阪府民なら誰もが知っている遊園地です。
「ひらパー」の愛称で親しまれています。
日本に現在ある遊園地としては、最も古い遊園地としても有名です。

私も学生のころに何度も行ったことがあります。

大阪のテーマパークなら、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が有名ですけどね。
USJができる前は、大阪のテーマパークといえば、ひらかたパークが定番でした。

また、京阪電車も、関西の人なら良く知っている電車です。
ただ、全国的にはあまり知られていないでしょう。

ですが、大阪と京都・滋賀を結ぶ鉄道として、重要な役割を果たしています。

今回は、京阪電車が名探偵コナンとコラボした「コナントレイン」について、アクセスや乗り方について詳しく説明しました。

京阪電車「コナントレイン」にはどうやって乗れる?

ひらかたパークの最寄り駅は、京阪電鉄の枚方公園駅です。

まだ詳しいことは分かりませんが、コナントレインには、枚方公園駅を通る列車なら乗ることができると思われます。

京阪電車に乗るなら、やはりJRの京橋駅で乗り換えるのが、一番分かりやすいです。

京橋駅からだと、京阪電車で約20分で枚方公園に到着します。

大阪駅からJR大阪環状線利用する場合

おそらく、大阪駅、あるいは(大阪)梅田駅までひとまず向かい、そこから京橋駅を目指すというケースが多いと思います。

大阪駅からだと、JR大阪環状線を利用するのが分かりやすいです。
JR大阪環状線の外回りの列車に乗り、約7分で京橋駅に着きます。

時間帯にもよりますが、JR大阪環状線は、5分おきに1本くらいのペースで走っています。
なので、長い時間待たされるということはまずありません。

ただし、JR大阪環状線には内回りと外回りがあるので、間違わないでくださいね。
意外にも、大阪人でもこの内回りと外回りがよく分からないという方も多いです。

環状線なので、内回りでも京橋駅に到着しますが、この場合は約30分かかってしまいます。
そのうえ、途中の駅で終点となる列車や、USJへの直通電車もあるので、注意が必要となります。

ですが、ホームにしっかりと「内回り」「外回り」と書いているので、それを確認すれば大丈夫です。

天王寺駅からJR大阪環状線利用する場合

奈良や和歌山からだと、一旦天王寺駅に向かうケースがあるかと思います。

天王寺駅も大阪では大きな駅で、すぐ近くに近鉄のあべの橋などもあります。

JR天王寺駅からも、JR大阪環状線を利用するのが分かりやすいです。
JR大阪環状線の内回りの列車に乗り、約15分で京橋駅に着きます。

大阪駅からは外回りですが、天王寺からだと内回りになります。

くどいようですが、外回りと内回りを間違わないようにご注意ください。

兵庫からはJR東西線を利用するのが便利なときもアリ

兵庫からは、JR東西線を利用するという手もあります。

JR東西線は、JR尼崎駅から京橋駅までつながっています。

尼崎から京橋までは、約20分です。

京橋駅まで直通するパターンと、大阪駅で乗り換えるパターンがあります。
大阪駅で乗り換える場合は、先述のJR大阪環状線で京橋駅へ向かうということになります。

乗り換えるのはそれほど不便ではないと思いますが。
面倒であれば、直通電車を利用するのがおススメです。

もちろん、どちらのパターンも運賃は同じです。

また、京橋駅から先は、JR学研都市線に接続し、京都の木津駅までつながります。

そのため、京都からは学研都市線を利用することもできますが。
さすがに、京都からだとそのまま京阪電車で枚方公園に向かうのが通常だと思います。

なお、学研都市線の正式名称は片町線と言います。
学研都市線は愛称です。

私が小さいころは、まだ片町線と呼ばれてました。
1988年に学研都市線という愛称が使われるようになり、それがいつしか定着しました。
今でも片町線と呼ばれることもありますが、この呼び名を使うのは、ご高齢の方がほとんどですね。

大阪メトロを利用する場合

JRだけでなく、地下鉄の大阪メトロの駅から京阪電鉄に乗り換えることもできます。

  • 長堀鶴見緑地線:京橋駅で乗り換え、枚方公園まで約20分
  • 四つ橋線:肥後橋駅で乗り換え、枚方公園まで約40分~50分
  • 御堂筋線:淀屋橋駅で乗り換え、枚方公園まで約25分
  • 堺筋線:北浜駅で乗り換え、枚方公園まで約25分
  • 谷町線:天満橋から乗り換え、枚方公園まで約35分~50分

以上の5つの路線で示した各駅から京阪電車に乗り換え、枚方公園まで行くことができます。

ただ、大阪メトロはややこしいんですよね💦
大阪出身の私でも、迷うことがよくあります。

私はあまり地下鉄を利用することはないですが、自宅付近や職場の近くに大阪メトロの駅がある方も多いと思います。
おそらく、そういう方は地下鉄の利用にも慣れていらっしゃるでしょう。
そのため、簡単に目的地まで行けるので、大阪メトロを使うのも便利ですね。

注意!京橋駅には各鉄道の連絡改札口はありません!

京橋駅で京阪電車に乗り換える場合に、注意することがあります。

それは、JRも大阪メトロも京阪電車も、それぞれの路線を行き来できる連絡改札口がないということです。

そのため、JRでも大阪メトロでも、京橋駅で京阪電車に乗り換えるときは、一度改札を出る必要があります。
正直、これがちょっと面倒くさいです
京阪電車の切符も買わないといけないですからね。

JRの京橋駅から京阪電車の京橋駅は距離が近く、すぐに分かります。
JR京橋駅の北出口の改札を出て左に曲がると、すぐ目の前に京阪電車の京橋駅があります。

歩いて約2分といったところです。
切符を買う時間を考慮して、乗り換えの時間は5分くらいを目安にすればよいと思います。

一方、大阪メトロ長堀鶴見緑地線の京橋駅から京阪の京橋駅までは、少し時間がかかります。
歩いて10分くらいというところ。

道案内の表示があるので迷うことはないとは思います。
ですが、京阪電車の切符を買う時間を考慮して、乗り換えには約20分は見た方がよいでしょう。

また、京阪電車の京橋駅には、京阪モールという大型ショップ施設があります。
地下1階は食品館となっており、色々なお食事処があります。

その他、地上のフロアには、ユニクロや無印良品、スターバックスコーヒーなどもあります。

京橋駅に行くと、この京阪モールに立ち寄る人は多いです。
私もよく利用しますし、地下の食品館で食事をしたことも何回もあります。

余裕があれば、京阪モールを見て回るのもおススメです。

京阪電車「コナントレイン」はどんな色?

京阪電車といえば、やはり緑色という印象が強いです。
ほとんどの列車が緑色をベースにしているんですね。
「京阪グリーン」という愛称があるくらいです。

では、名探偵コナンとコラボした「コナントレイン」は、どんな車両なのかというと。

どうやら、青色を基調にした列車になっているようです。

コナンくんの制服の色をイメージした感じでしょうか。

ただし、京阪電車の青色の列車には、プレミアムカーがあります。
プレミアムカーには、500円の追加料金を払わないと乗れません。

そのため、コナントレインにも、有料座席付きの車両があるかもしれませんね。

また、青色以外の列車があるのかどうかは、今のところ分かりません。

個人的には、赤色の車両が登場してほしいと思っています。

というのも、京阪電車には、赤色をベースにした車両があるんです。
列車の上半分が赤色で、下半分がオレンジ色となっています。

しかも、これは特急列車なんです。
京阪電車では最高級の列車というところです。

私が小さいころは、今とは逆で、上半分がオレンジ色で、下半分が赤色でした。
これがカッコよくて、人気もありました。

それが、2008年に色が変更され、現在にいたっています。

なので、コナントレインに特急があれば、ぜひ赤色を採用してほしいですね。
「緋色の弾丸」や赤井ファミリーを模した列車なんて、どうでしょうか。

さすがにちょっと現実的でない話かもしれませんね😅

とはいえ、コナントレインでは、車内でコナンに関するクイズや名シーン、名セリフなどが催される予定です。
ひらかたパークに着くまでに、コナンを満喫できるので、とても期待しちゃいますね。