2022年10月に、うる星やつらのリメイク版が放送されます。

うる星やつらといえば、高橋留美子さん原作の大ヒット漫画で、1981年からテレビでアニメ化もされました。

私も、テレビの再放送やレンタルビデオでアニメを見ました。
また、友人がコミックス全巻を持っていたので、それを借りて全部読みました。

いわば、伝説のラブコメ漫画・アニメなのですが、リメイクされると知って驚きました。
40年ほど前の作品ですからね。

しかも、リメイク版は4クールの予定です。
つまり、1年くらいかけてじっくり放送されるということになりますね。

やはり、名作はいつになっても色あせないというところでしょうか。

4クール通して見ないと評価はできないですが、個人的にかなり期待しています。

初代のアニメシリーズを見た方も、これから初めてアニメを見る方も、きっと楽しめる内容になっているはずです。

そこで、まず今回は、うる星やつらのリメイク版の声優さんについて、代表キャラにも触れながら語っていきたいと思います。

うる星やつらリメイク版の声優さんをご紹介!

うる星やつらのリメイク版の声優さんを、以下に紹介いたします。

「役名/声優」で表記しています。

代表キャラなどは、個人的な思い入れが大きいです(汗)

ただ、声優陣を見ていただくと分かりますが、かなり豪華な顔ぶれです。
声優さん方の熱演も、作品の大きな見どころになるでしょう。

諸星あたる/神谷浩史

「夏目友人帳」の主人公の夏目貴志や、「ONE PIECE」のトラファルガー・ローなどを演じています。

最も有名なのは、やはり「進撃の巨人」のリヴァイですね。
無愛想なところとか、冷酷なところとか、見事に演じ切っていました。

金スマで、進撃の巨人のアフレコを神谷さんが生で披露したのを見たのですが。
いや~、すごかった~
迫力満点でした。

また、個人的には、〈物語〉シリーズの主人公・阿良々木暦が印象に残っています。

その阿良々木くんなんですが、普段の声のトーンなどは、諸星あたると似ているところがあるんですね。
あの雰囲気を想像すると、諸星あたるもかなり期待できそうです。

神谷さんにとって、うる星やつらの諸星あたるもハマリ役となるのではないかと思っています。

ラム/上坂すみれ

上坂すみれさんといえば、どうしても「ウマ娘 プリティーダービー」のアグネスタキオンを思い浮かべてしまいます。
社会現象にまでなりましたからね。

その他、「中二病でも恋がしたい!」の凸守早苗(でこもりさなえ)や、「鬼灯の冷徹」のピーチ・マキあたりが有名ですかね。

そして、今回、うる星やつらのリメイク版で、ヒロインのラムを演じることになりますが。

やはり、初代のアニメを見た方は、平野文さんのラムの声に慣れてしまってると思うんですよね。
私も、「ダーリン」とか「だっちゃ」とか、お決まりのセリフが頭の中にしみ込んでいる感じです。

そういうわけで、上坂すみれさんの声になじむのかどうか、不透明なところがありました。

しかし、第1弾のPVを見ると、ラムの声は全く違和感なし!
いや~、さすがですわ~
ラムのセリフで、完全にうる星やつらの世界観が出来上がっている感じです。

まだまだこれからではありますが、かなり期待できそうですね。

早くも、うる星やつらのラムが、上坂すみれさんの代表キャラとなる予感がしています。

三宅しのぶ/内田真礼

代表キャラは、やはり「約束のネバーランド」のノーマンですね。
個性の強い女の子を演じることが多いと思うのですが、ノーマンという冷静な男の子も見事に演じていました。

その他、「中二病でも恋がしたい!」のヒロイン・小鳥遊六花(たかなしりっか)や、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主人公・カタリナ・クラエスなどが有名です。

特に、カタリナ・クラエスは神がかってます。
自分の頭の中で色々なキャラが出てくるんですが、それを全てお一人で演じ切っているのがすごいです。
ぜひ、見ていただきたいキャラクターです。

面堂終太郎/宮野真守

俳優としても大きな活躍をなさってますね。

声優としては、洋画の吹き替え版を担当することが多いというイメージです。

アニメの代表キャラもたくさんありますが、1つに絞るのはちょと難しいですね。

個人的には、「DEATH NOTE」の夜神月(やがみライト)や、「信長協奏曲」のサブローが印象に残っています。

錯乱坊/高木渉

やはり、「名探偵コナン」の元太くんと高木渉刑事(本人と同姓同名)が定着してますよね。

宮野真守さんと同じく、洋画の吹き替え版を担当することも多いです。

その他、「GTO」の主人公・鬼塚英吉や、「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」のねずみ男が有名なところですかね。

サクラ/沢城みゆき

やはり、ルパン三世の峰不二子(3代目)が一番有名かと思います。

その他、「ゲゲゲの鬼太郎(第6作)」の鬼太郎、「鬼滅の刃 遊郭編」の堕姫などを担当していました。

うる星やつらのサクラは、「おぬし」とか「じゃが~」とか「~じゃろ」とか、言葉使いが独特なんですよね。
わりと男前な性格でもあります。

なので、鬼太郎のイメージが一番合っていると予想しています。

ラン/花澤香菜

今や大人気の声優さんとあって、代表キャラをあげるのは難しいくらいですね。

一番有名なのは、やはり「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃ですかね。

あと、コアなアニメファンの方だと、〈物語〉シリーズの千石撫子や、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の黒猫などが、有名かなと思います。

特に、「化物語」で花澤香菜さんが千石撫子として歌ったエンディングテーマの「恋愛サーキュレーション」とか、アニメファンの間ですごい話題になりましたからね。
一時期、私の妻がハマって、晩ご飯をつくるときにスマホでずっと流していました 笑

レイ/小西克幸

はい、ご存じ、「鬼滅の刃」の宇髄天元さんです!

また、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風(第5部)」のディアボロ役も有名です。

ところが、うる星やつらのレイって、セリフはほとんど1つの単語だけなんですよね。
「呪術廻戦」の狗巻棘のような感じです。

小西さんがレイをどのように演じるのか、注目ですね。

お雪/早見沙織

早見沙織さんといえば、「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子や「鬼滅の刃」の胡蝶しのぶ、「SPY×FAMILY」のヨル・フォージャーが有名ですね。

個人的には、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の新垣あやせも印象に残っています。

で、うる星やつらのお雪は、普段は無口で冷静なんですが、ブチ切れると怖いんです。

その落差を演じるのに、早見沙織さんはピッタリだと感じています。

弁天/石上静香

「魔法陣グルグル」の主人公・ニケや、「トミカ絆合体 アースグランナー」の駆動ライガなどが、代表キャラです。

個人的には、転スラのリョウタくんも印象に残っています。

うる星やつらの弁天は、男勝りでヤンキーチックな女性です。

どのように演じるのか、こちらも注目ですね。

クラマ姫/水樹奈々

言わずと知れた、大人気の声優さんですね。
今では、ベテランの域に達している感じです。

代表キャラをあげるのは難しいですが。

「NARUTO -ナルト-」の日向ヒナタや、「魔法少女リリカルなのは」のフェイト・テスタロッサ、「ハートキャッチプリキュア!」の花咲つぼみ、あたりが有名な役どころですかね。

うちの息子は、「ペルソナ5」の高巻杏・役として認識しています 笑

うる星やつらリメイク版声優一覧表

うる星やつらのリメイク版の声優さんたちを、パッと分かるように一覧表にしました。

キャラクター 声優
諸星あたる 神谷浩史
ラム 上坂すみれ
三宅しのぶ 内田真礼
面堂終太郎 宮野真守
錯乱坊 高木渉
サクラ 沢城みゆき
ラン 花澤香菜
レイ 小西克幸
お雪 早見沙織
弁天 石上静香
クラマ姫 水樹奈々

まとめ

うる星やつらのリメイク版の声優さんを紹介してきました。

他の登場人物については、詳細が分かり次第追加していく予定です。
リメイク版でのオリジナルキャラも登場するかもしれませんしね。

ちなみに、初代のアニメシリーズは、原作の最終回までは描かれていません。
最終回は劇場版で公開されました。

私はレンタルビデオで観ましたが、めっちゃ感動しましたね。
原作の最終回を忠実に再現していましたが、映像にすると、こんなに美しく仕上がるのか~!と泣きそうになるくらいでした。

リメイク版はどこまで放送するのかは、今のところ分かっていません。

ですが、原作のあの最終回の基本的なストーリーは壊さないでほしいと願っています。