第3回(1989年度)と第4回(1991年度)の、東京国際映画祭の詳細情報をまとめました。

第3回(1989年度)

  • 期間:1989年9月29日~10月8日
  • 会場:東京 渋谷
  • 大賞:「ホワイト・ローズ」
東京グランプリ賞・都知事賞 「ホワイト・ローズ」
(監督:ライコ・グルリチ)
審査員特別賞 「令嬢ターニカ」
(監督:ピョートル・トドロフスキー)
最優秀監督賞 ライコ・グルリチ
(作品:「ホワイト・ローズ」)
最優秀女優賞 エレーナ・ヤコヴレワ
(作品:「令嬢ターニカ」)
最優秀男優賞 マーロン・ブランド
(作品:「白く渇いた季節」)
最優秀芸術貢献賞 「人生・それだけ」
(監督:ベルトラン・タヴェルニエ)
最優秀脚本賞 マーティン・サンダーソン
(作品:「フライング・フォックス 自由への旅」)
特別功労賞 ジョン・ヒューストン 監督
(作品:「ザ・デッド」)
さくらシルバー賞 長崎俊一 監督
(作品:「誘惑者」)
さくらゴールド賞・都知事賞 イドリッサ・ウエドラオゴ 監督
(作品:「ヤーバ」)
国際映画批評家連盟賞 「誘惑者」
(監督:長崎俊一)

第4回(1991年度)

  • 期間:1991年9月27日~10月6日
  • 会場:東京 渋谷
  • 東京グランプリ賞:「希望の街」
東京グランプリ賞・都知事賞 「希望の街」
(監督:ジョン・セイルズ)
審査員特別賞 「牯嶺街少年殺人事件」
(監督:エドワード・ヤン)
「過ぎにし年・迎えし年」
(監督:ホワン・チェンチョン)
最優秀監督賞 アラン・パーカー
(作品:「ザ・コミットメンツ」)
最優秀女優賞 シャオ・リーロン(趙麗蓉)
(作品:「過ぎにし年・迎えし年」)
最優秀男優賞 オタール・メグヴィネトゥツェシ
(作品:「汝、去るべし」)
最優秀芸術貢献賞 斎藤岩男(美術)
(作品:「四万十川」)
安藤庄平(撮影)
(作品:「四万十川」)
最優秀脚本賞 ティム・メットカーフ
(作品:「アイアンメイズ ピッツバーグの幻想」)
東京ゴールド賞・都知事賞 ジャン=ピエール・ジュネ/マルク・キャロ 監督
(作品:「デリカテッセン」)
東京シルバー賞 イェ・ホンウェイ(葉鴻偉) 監督
(作品:「ファイブ ガールズ アンド ア ロープ」)
ジョスリン・ムーアハウス 監督
(作品:「プルーフ・証拠」)
特別功労賞 サタジット・レイ 監督
国際映画批評家連盟賞 「牯嶺街少年殺人事件」
(監督:エドワード・ヤン)