概要

  • 授賞式日時:1996年3月24日
  • 会場:ドロシー・チャンドラー・パビリオン
  • 司会:ウーピー・ゴールドバーグ

作品賞

ブレイブハート

ノミネート

  • アポロ13
  • ベイブ
  • イル・ポスティーノ
  • いつか晴れた日に

監督賞

メル・ギブソン
(作品:「ブレイブハート」)

ノミネート

  • クリス・ヌーナン(作品:「ベイブ」)
  • ティム・ロビンス(作品:「デッドマン・ウォーキング」)
  • マイク・フィギス(作品:「リービング・ラスベガス」)
  • マイケル・ラドフォード(作品:「イル・ポスティーノ」)

主演男優賞

ニコラス・ケイジ
(作品:「リービング・ラスベガス」)

ノミネート

  • リチャード・ドレイファス(作品:「陽のあたる教室」)
  • アンソニー・ホプキンス(作品:「ニクソン」)
  • ショーン・ペン(作品:「デッドマン・ウォーキング」)
  • マッシモ・トロイージ(作品:「イル・ポスティーノ」)

主演女優賞

スーザン・サランドン
(作品:「デッドマン・ウォーキング」)

ノミネート

  • エリザベス・シュー(作品:「リービング・ラスベガス」)
  • シャロン・ストーン(作品:「カジノ」)
  • メリル・ストリープ(作品:「マディソン郡の橋」)
  • エマ・トンプソン(作品:「いつか晴れた日に」)

助演男優賞

ケヴィン・スペイシー
(作品:「ユージュアル・サスペクツ」)

ノミネート

  • ジェームズ・クロムウェル(作品:「ベイブ」)
  • エド・ハリス(作品:「アポロ13」)
  • ブラッド・ピット(作品:「12モンキーズ」)
  • ティム・ロス(作品:「ロブ・ロイ/ロマンに生きた男」)

助演女優賞

ミラ・ソルヴィノ
(作品:「誘惑のアフロディーテ」)

ノミネート

  • ジョアン・アレン(作品:「ニクソン」)
  • キャスリーン・クインラン(作品:「アポロ13」)
  • メア・ウィニンガム(作品:「ジョージア」)
  • ケイト・ウィンスレット(作品:「いつか晴れた日に」)

脚本賞

「ユージュアル・サスペクツ」
クリストファー・マッカリー

ノミネート

  • 「ブレイブハート」ランダル・ウォレス
  • 「誘惑のアフロディーテ」ウディ・アレン
  • 「ニクソン」オリバー・ストーン/クリストファー・ウィルキンソン/スティーヴン・J・リヴェル
  • 「トイ・ストーリー」ジョス・ウィードン/アンドリュー・スタントン/ジョエル・コーエン/アレック・ソコロウ/ジョン・ラセター/ピート・ドクター/ジョー・ランフト

脚色賞

「いつか晴れた日に」
エマ・トンプソン

ノミネート

  • 「アポロ13」ウィリアム・ブロイルズ・Jr/アル・ライナート
  • 「ベイブ」ジョージ・ミラー/クリス・ヌーナン
  • 「リービング・ラスベガス」マイク・フィギス
  • 「イル・ポスティーノ」マイケル・ラドフォード/アンナ・パビナーノ/フリオ・スカルペッリ/Giacomo Scarpelli/マッシモ・トロイージ

外国語映画賞

「アントニア」(オランダ)
マルレーン・ゴリス

ノミネート

  • 「あこがれ美しく燃え」(スウェーデン)ボー・ヴィーデルベリ
  • 「Dust of Life」(アルジェリア)ラシッド・ブシャル
  • 「愛の四重奏」(ブラジル)ファビオ・バレット
  • 「明日を夢見て」(イタリア)ジュゼッペ・トルナトーレ

長編ドキュメンタリー映画賞

Anne Frank Remembered

ノミネート

  • The Battle Over Citizen Kane
  • Fiddlefest—Roberta Tzavaras and Her East Harlem Violin Program
  • Hank Aaron: Chasing the Dream
  • Troublesome Creek: A Midwestern

短編ドキュメンタリー映画賞

One Survivor Remembers

ノミネート

  • Jim Dine: A Self-Portrait on the Walls
  • The Living Sea
  • Never Give Up: The 20th Century Odyssey of Herbert Zipper
  • The Shadow of Hate

短編実写映画賞

Lieberman in Love
クリスティーン・ラーティ/ジャナ・スー・メメル

ノミネート

  • 「Brooms」リューク・クレスウェル/スティーヴ・マクニコラス
  • 「Duke of Groove」グリフィン・ダン/トム・コールウェル
  • 「Little Surprises」ジェフ・ゴールドグラム/Tikki Goldberg
  • 「Tuesday Morning Ride」ダイアン・ヒューストン/ジョイ・ライアン

短編アニメ賞

「ウォレスとグルミット、危機一髪!」
ニック・パーク

ノミネート

  • The Chicken From Outer Space
  • The End
  • Gagarin
  • Runaway Brain

歌曲賞

  • 楽曲:カラー・オブ・ザ・ウィンド
  • 映画:ポカホンタス
  • 作曲:アラン・メンケン
  • 作詞:スティーヴン・シュワルツ

ノミネート

  • Dead Man Walkin’(映画:「デッドマン・ウォーキング」)ブルース・スプリングスティーン (作詞・作曲)
  • Have You Ever Really Loved a Woman(映画:「ドンファン」)マイケル・ケイメン/ブライアン・アダムス/ロバート・ジョン・ラング
  • Moonlight(映画:「サブリナ」)ジョン・ウィリアムズ(作曲)アラン・バーグマン/マリリン・バーグマン(作詞)
  • 君はともだち(映画:「トイ・ストーリー」)ランディ・ニューマン (作詞・作曲)

ドラマ・コメディ音楽賞

「イル・ポスティーノ」
ルイス・エンリケス・バカロフ

ノミネート

  • 「いつか晴れた日に」パトリック・ドイル
  • 「アポロ13」ジェームズ・ホーナー
  • 「ブレイブハート」ジェームズ・ホーナー
  • 「ニクソン」ジョン・ウィリアムズ

ミュージカル音楽賞

「ポカホンタス」
アラン・メンケン/スティーヴン・シュワルツ

ノミネート

  • 「サブリナ」ジョン・ウィリアムズ
  • 「アメリカン・プレジデント」マーク・シャイマン
  • 「トイ・ストーリー」ランディ・ニューマン
  • 「想い出の微笑」トーマス・ニューマン

録音賞

「アポロ13」
リック・ディオール/スティーヴン・ペデルソン/スコット・ミラン/デヴィッド・マクミラン

ノミネート

  • 「ブレイブハート」アンディ・ネルソン/スコット・ミラン/アンナ・ベルマー/ブライアン・シモンズ
  • 「バットマン フォーエヴァー」ドナルド・O・ミッチェル/フランク・A・モンタノ/マイケル・ハービック/ピーター・ヒダル
  • 「クリムゾン・タイド」ケヴィン・オコネル/リック・クライン/グレゴリー・H・ワトキンス/ウィリアム・B・カプラン
  • 「ウォーターワールド」スティーヴ・マスロウ/グレッグ・ランデイカー/キース・A・ウェスター

音響編集賞

「ブレイブハート」
ロン・ベンダー/パー・ホールバーグ

ノミネート

  • 「クリムゾン・タイド」ジョージ・ウォーターズ二世
  • 「バットマン フォーエヴァー」ジョン・レヴェック/ブルース・スタンブラー

撮影賞

「ブレイブハート」
ジョン・トール

ノミネート

  • 「リトル・プリンセス」エマニュエル・ルベツキ
  • 「上海ルージュ」リュイ・ラー
  • 「いつか晴れた日に」マイケル・コールター
  • 「バットマン フォーエヴァー」スティーヴン・ゴールドブラット

美術賞

「恋の闇 愛の光」
ユージニオ・ザネッティ

ノミネート

  • 「リトル・プリンセス」ボー・ウェルチ(美術)シェリル・カラシク(装置)
  • 「アポロ13」マイケル・コレンブリス(美術)メリディス・ボスウェル(装置)
  • 「ベイブ」ロジャー・フォード(美術)ケリー・ブラウン(装置)
  • 「リチャード三世」トニー・バロウ(美術・装置)

衣装デザイン賞

「恋の闇 愛の光」
ジェームズ・アシュソン

ノミネート

  • 「ブレイブハート」チャールズ・ノッド
  • 「いつか晴れた日に」ジェニー・ビーヴァン/ジョン・ブライト
  • 「12モンキーズ」ジュリー・ウェイス
  • 「リチャード三世」シュナ・ハーウッド

メイクアップ賞

「ブレイブハート」
ピーター・フランプトン/ポール・パティソン/ロイス・バーウェル

ノミネート

  • 「最高のルームメート」グレッグ・キャノン/ボブ・ラデン/コリーン・キャラハン
  • 「ミ・ファミリア」 ケン・ディアス/マーク・サンチェス

編集賞

「アポロ13」
マイク・ヒル/ダニエル・P・ハンリー

ノミネート

  • 「クリムゾン・タイド」クリス・レベンゾン
  • 「ベイブ」マーカス・ダルシー、ジェイ・フリードキン
  • 「セブン」リチャード・フランシス=ブルース
  • 「ブレイブハート」スティーヴン・ローゼンブラム

視覚効果賞

「ベイブ」
スコット・E・アンダーソン/ャールズ・ギブソン/Neal Scanlan/ジョン・コックス

「アポロ13」ロバート・レガート/マイケル・カンファー/レスリー・エッカー/マーク・スウィーニー

名誉賞

  • チャック・ジョーンズ
  • カーク・ダグラス

ゴードン・E・ソーヤー賞

ドナルド・C・ロジャース

特別業績賞

ジョン・ラセター(「トイ・ストーリー」)

余談

メル・ギブソン監督・主演の「ブレイブハート」が、作品賞・監督賞を含む5部門を受賞しました。

文句なしに面白い作品でしたね。

この映画をきっかけに、初めてウィリアム・ウォレスという人物を知りました。

ちなみに、光栄(現・コーエーテクモゲームス)さんが販売したゲームの「チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV」のシナリオ2で登場して、ビックリしたのを覚えています。

全く映画とは関係ない話ですが(汗)、能力値がめっちゃ高かったです。

また、イタリア映画の「イル・ポスティーノ」が作品賞などにノミネートされましたが、こちらも感動する素晴らしい作品でした。

主演のマッシモ・トロイージが撮影後すぐに亡くなったことが重なるのかもしれませんが、それを抜きにしても心を打たれるものがあります。

そして、サスペンス映画の「セブン」と「ユージュアル・サスペクツ」が、ともに傑作だったと思います。

「セブン」は観ていて、途中2回ほど、思わず悲鳴を上げてしまいました(汗)

ビデオで観たのですが、これ、映画館で観ていたら、もっと戦慄していただろうなと。

残酷すぎるストーリーですが、掛け値なしに面白かったです。

「ユージュアル・サスペクツ」は、始めの段階で予想してしまって、それが見事に的中してしまいました…

友人の一人は全く見破れなかったので、ラストはめちゃめちゃビックリしたと興奮し、それを見破った私に感嘆していましたが。

とにかく、こちらも文句なしに面白いので、まだ観てなくて気になるという方は、余計な先入観を持たずにご覧になってください(^^;)

助演男優賞に輝いたケヴィン・スペイシーの怪演にも注目です。

その他、この回も色々語りたい作品がありますが、最後に1つだけ。

スーザン・サランドンが主演女優賞を受賞した「デッドマン・ウォーキング」が、強烈に印象に残りました。

ストーリーも面白いし、スーザン・サランドンとショーン・ペンの演技も素晴らしかったのですが。

内容は賛否両論が出てきそうな問題作かも…

難しいですね、とても考えさせられました。