概要

  • 授賞式日時:1990年3月26日
  • 会場:シュライン・オーディトリアム
  • 司会:ビリー・クリスタル

作品賞

ドライビング Miss デイジー

ノミネート

  • 7月4日に生まれて
  • いまを生きる
  • フィールド・オブ・ドリームス
  • マイ・レフトフット

監督賞

オリバー・ストーン
(作品:「7月4日に生まれて」)

ノミネート

  • ウディ・アレン(作品:「ウディ・アレンの重罪と軽罪」)
  • ケネス・ブラナー(作品:「ヘンリー5世」)
  • ジム・シェリダン (作品:「マイ・レフトフット」)
  • ピーター・ウィアー(作品:「いまを生きる」)

主演男優賞

ダニエル・デイ=ルイス
(作品:「マイ・レフトフット」)

ノミネート

  • ケネス・ブラナー(作品:「ヘンリー5世」)
  • トム・クルーズ(作品:「7月4日に生まれて」)
  • モーガン・フリーマン(作品:「ドライビング Miss デイジー」)
  • ロビン・ウィリアムズ(作品:「いまを生きる」)

主演女優賞

ジェシカ・タンディ
(作品:「ドライビング Miss デイジー」)

ノミネート

  • イザベル・アジャーニ(作品:「カミーユ・クローデル」)
  • ポーリーン・コリンズ(作品:「旅する女/シャーリー・バレンタイン」)
  • ジェシカ・ラング(作品:「ミュージックボックス」)
  • ミシェル・ファイファー(作品:「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」)

助演男優賞

デンゼル・ワシントン
(作品:「グローリー」)

ノミネート

  • ダニー・アイエロ(作品:「ドゥ・ザ・ライト・シング」)
  • ダン・エイクロイド(作品:「ドライビング Miss デイジー」)
  • マーロン・ブランド(作品:「白く渇いた季節」)
  • マーティン・ランドー(作品:「ウディ・アレンの重罪と軽罪」)

助演女優賞

ブレンダ・フリッカー
(作品:「マイ・レフトフット」)

ノミネート

  • アンジェリカ・ヒューストン(作品:「敵、ある愛の物語」)
  • レナ・オリン(作品:「敵、ある愛の物語」)
  • ジュリア・ロバーツ(作品:「マグノリアの花たち」)
  • ダイアン・ウィースト(作品:「バックマン家の人々」)

脚本賞

「いまを生きる」トム・シュルマン

ノミネート

  • 「ウディ・アレンの重罪と軽罪」ウディ・アレン
  • 「ドゥ・ザ・ライト・シング」スパイク・リー
  • 「セックスと嘘とビデオテープ」スティーヴン・ソダーバーグ
  • 「恋人たちの予感」ノーラ・エフロン

脚色賞

「ドライビング Miss デイジー」
アルフレッド・ウーリー

ノミネート

  • 「7月4日に生まれて」オリバー・ストーン/ロン・コーヴィック
  • 「敵、ある愛の物語」ロジャー・L・サイモン/ポール・マザースキー
  • 「フィールド・オブ・ドリームス」フィル・アルデン・ロビンソン
  • 「マイ・レフトフット」ジム・シェリダン/ェーン・コノートン

外国語映画賞

「ニュー・シネマ・パラダイス」
(イタリア)
ジュゼッペ・トルナトーレ

ノミネート

  • 「カミーユ・クローデル」(フランス)ブルーノ・ニュイッテン
  • 「モントリオールのジーザス」(カナダ)ドゥニ・アルカン
  • 「追想のワルツ」(デンマーク)カスパル・ロストルップ
  • 「いつでも夢を」(プエルトリコ)ハコボ・モラレス

長編ドキュメンタリー映画賞

Common Threads: Stories from the Quilt

ノミネート

  • Adam Clayton Powell
  • Crack USA: County Under Siege
  • 宇宙へのフロンティア
  • Super Chief: The Life and Legacy of Earl Warren

短編ドキュメンタリー映画賞

The Johnstown Flood

ノミネート

  • Fine Food, Fine Pastries, Open 6 to 9
  • Yad Vashem: Preserving the Past to Ensure the Future

短編実写映画賞

Work Experience

ノミネート

  • Amazon Diary
  • The Childeater

短編アニメ賞

Balance

ノミネート

  • The Cow
  • The Hill Farm

歌曲賞

  • 曲名:アンダー・ザ・シー
  • 映画:リトル・マーメイド
  • 作曲:アラン・メンケン
  • 作詞:ハワード・アッシュマン

ノミネート

  • After All(映画:「ワン・モア・タイム」)トム・スノウ(作曲)ディーン・ピッチフォード(作詞)
  • I Love To See You Smile(映画:「バックマン家の人々」)ランディ・ニューマン(作詞・作曲)
  • The Girl Who Used to Be Me(映画:「旅する女/シャーリー・バレンタイン」)マーヴィン・ハムリッシュ(作曲)アラン・バーグマン/マリリン・バーグマン(作詞)
  • Kiss the Girl(映画:「リトル・マーメイド」)アラン・メンケン (作曲)ハワード・アッシュマン(作詞)

作曲賞

「リトル・マーメイド」
アラン・メンケン

ノミネート

  • 「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」デイヴ・グルーシン
  • 「フィールド・オブ・ドリームス」ジェームズ・ホーナー
  • 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」ジョン・ウィリアムズ
  • 「7月4日に生まれて」ジョン・ウィリアムズ

録音賞

「グローリー」
ドナルド・O・ミッチェル/グレッグ・ルドロフ/エリオット・タイスン/ラッセル・ウィリアムズ

ノミネート

  • 「アビス」ドン・バスマン/ケヴィン・F・クレアリー/リチャード・オーヴァートーン/リー・オルロフ
  • 「ブラック・レイン」ドナルド・O・ミッチェル/ケヴィン・オコネル/グレッグ・P・ラッセル/キース・A・ウェスター
  • 「7月4日に生まれて」マイケル・ミンクラー/グレゴリー・H・ウィトキンス/ワイリー・ステートマン/トッド・A・メートランド
  • 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」ベン・バート/ゲイリー・サマーズ/ショーン・マーフィー/トニー・ドー

音響編集賞

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
リチャード・ヒンス/ベン・バート

ノミネート

  • 「ブラック・レイン」ミルトン・C・ブロウ/ウィリアム・L・マンガー
  • 「リーサル・ウェポン2/炎の約束」ロバート・ヘンダーソン/アラン・ロバート・マーレイ

撮影賞

「グローリー」
フレディ・フランシス

ノミネート

  • 「アビス」ミカエル・サロモン
  • 「ブレイズ」ハスケル・ウェクスラー
  • 「7月4日に生まれて」ロバート・リチャードソン
  • 「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」ミヒャエル・バルハウス

美術賞

「バットマン」
アントン・ファースト(美術)
ピーター・ヤング(装置)

ノミネート

  • 「アビス」レスリー・ディリー (美術)アン・カルジャン (装置)
  • 「バロン」ダンテ・フェレッティ (美術)フランチェスカ・ロー・シャイボ(装置)
  • 「ドライビング Miss デイジー」ブルーノ・ルベオ (美術)クリスピアン・サリス(装置)
  • 「グローリー」ノーマン・ガーウッド(美術)Garrett Lewis(装置)

衣装デザイン賞

「ヘンリー五世」
フィリス・ダルトン

ノミネート

  • 「バロン」ガブリエラ・ペスクッチ
  • 「ドライビング Miss デイジー」エリザベス・マクブライド
  • 「ハーレム・ナイト」ジョー・トンプキンス
  • 「恋の掟」テオドール・ピステック

メイクアップ賞

「ドライビング Miss デイジー」
Manlio Rocchetti/リン・バーバー/ケヴィン・ヘイニー

ノミネート

  • 「晩秋」ディック・スミス/ケン・ディアス/グレッグ・ネイソン
  • 「バロン」マギー・ウェストン/ファブリツィオ・スフォルッア

編集賞

「7月4日に生まれて」
デヴィッド・ブレナー/ジョー・ハッシング

ノミネート

  • 「子熊物語」ノエル・ボワソン
  • 「ドライビング Miss デイジー」 マーク・ワーナー
  • 「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」ウィリアム・スタインカンプ
  • 「グローリー」スティーヴン・ローゼンブラム

視覚効果賞

「アビス」
デニス・ミューレン/ホイト・イエトマン/ジョン・ブルーノ/デニス・スコタック

ノミネート

  • 「バロン」リチャード・コンウェイ/ケント・ヒューストン
  • 「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」ケン・ローストン/マイケル・ランティエリ/ジョン・ベル/スティーヴ・ゴーリー

名誉賞

黒澤明

ジーン・ハーショルト友愛賞

ハワード・W・コック

余談

ジェシカ・タンディが「ドライビング Miss デイジー」で主演女優賞を受賞。

史上最高齢の受賞として話題となりました。

トム・クルーズが主演男優賞を受賞するか?も注目されました。

しかし、主演男優賞に輝いたのは、ダニエル・デイ=ルイスでした。

日本での一般的な知名度は低かったので、世間では「誰?」「何者?」という声も多かったようです。

ですが、「マイ・レフトフット」を観れば分かりますが、彼の演技はめちゃめちゃ凄かったです。

奇しくも、「7月4日に生まれて」のトム・クルーズと同じ車いすでの演技。

ダニエル・デイ=ルイスは障害者のエゴや闇をもあぶり出している感じで、ほんと鬼気迫る演技でした。

トム・クルーズとダニエル・デイ=ルイスのどちらの演技も素晴らしかったですが、ダニエル・デイ=ルイスに軍配が上がっても仕方ないかなという印象です。

また、日本の大阪を舞台にした「ブラックレイン」も話題となりました。

松田優作さんの遺作となった作品であり、アメリカの映画関係者の間でもその演技が絶賛されましたが…

もう、本当に無念としか言いようがありません。

その他、「いまを生きる」や「フィールド・オブ・ドリームス」、「グローリー」は、めっちゃ感動しました。

「グローリー」では、デンゼル・ワシントンが助演男優賞を受賞しましたが、今でも大好きな俳優さんです。

そして、それ以上に感動した作品が外国語映画賞に輝いた「ニュー・シネマ・パラダイス」。

特にラストシーンは、あれ、卑怯ですよね。

あのラストシーンを思い出しただけで、ウルっと涙が出そうになります(汗)

あと、個人的に「面白かった~」と印象に残っている作品は、「ワン・モア・タイム」。

ストーリーは、「天国から来たチャンピオン」に似ていますね。

この映画のヒロインのメアリー・スチュアート・マスターソンが、めちゃめちゃ可愛かったです。

主演はロバート・ダウニー・Jrですが、この映画をきっかけに大好きな俳優さんとなりました。

他にも、「バットマン」や「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」など色々話題作がありますが、その全てに触れるとキリがないので、この辺で締めさせていただきます…