概要

  • 授賞式日時:1989年3月29日
  • 会場:シュライン・オーディトリアム
  • 司会:なし

作品賞

レインマン

ノミネート

  • 偶然の旅行者
  • 危険な関係
  • ミシシッピー・バーニング
  • ワーキング・ガール

監督賞

バリー・レヴィンソン
(作品:「レインマン」)

ノミネート

  • チャールズ・クライトン(作品:「ワンダとダイヤと優しい奴ら」)
  • マイク・ニコルズ(作品:「ワーキング・ガール」)
  • アラン・パーカー(作品:「ミシシッピー・バーニング」)
  • マーティン・スコセッシ(作品:「最後の誘惑」)

主演男優賞

ダスティン・ホフマン
(作品:「レインマン」)

ノミネート

  • ジーン・ハックマン(作品:「ミシシッピー・バーニング」)
  • トム・ハンクス(作品:「ビッグ」)
  • エドワード・ジェームズ・オルモス(作品:「落ちこぼれの天使たち」)
  • マックス・フォン・シドー(作品:「ペレ」)

主演女優賞

ジョディ・フォスター
(作品:「告発の行方」)

ノミネート

  • グレン・クローズ(作品:「危険な関係」)
  • メラニー・グリフィス(作品:「ワーキング・ガール」)
  • メリル・ストリープ(作品:「A Cry in the Dark」)
  • シガニー・ウィーバー(作品:「愛は霧のかなたに」)

助演男優賞

ケヴィン・クライン
(作品:「ワンダとダイヤと優しい奴ら」)

ノミネート

  • アレック・ギネス(作品:「Little Dorrit」)
  • マーティン・ランドー(作品:「タッカー」)
  • リヴァー・フェニックス(作品:「旅立ちの時」)
  • ディーン・ストックウェル(作品:「愛されちゃって、マフィア」)

助演女優賞

ジーナ・デイヴィス
(作品:「偶然の旅行者」)

ノミネート

  • ジョーン・キューザック(作品:「ワーキング・ガール」)
  • フランシス・マクドーマンド(作品:「ミシシッピー・バーニング」)
  • ミシェル・ファイファー(作品:「危険な関係」)
  • シガニー・ウィーバー(作品:「ワーキング・ガール」)

脚本賞

「レインマン」ロナルド・バス

ノミネート

  • 「ビッグ」ゲイリー・ロス、アン・スピルバーグ
  • 「さよならゲーム」ロン・シェルトン
  • 「ワンダとダイヤと優しい奴ら」ジョン・クリーズ/チャールズ・クライトン
  • 「旅立ちの時」ナオミ・フォナー

脚色賞

「危険な関係」
クリストファー・ハンプトン

ノミネート

  • 「偶然の旅行者」フランク・ガラチ/ローレンス・カスダン
  • 「は霧のかなたに」アンナ・ハミルトン=フェラン/タブ・マーフィー
  • 「Little Dorrit」クリスティーン・エドザード
  • 「存在の耐えられない軽さ」ジャン=クロード・カリエール/フィリップ・カウフマン

外国語映画賞

「ペレ」 (デンマーク)

ノミネート

  • 「ハヌッセン」(ハンガリー)
  • 「仮面の中のマリア」(ベルギー)
  • 「サラーム・ボンベイ!」(インド)
  • 「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(スペイン)

長編ドキュメンタリー映画賞

ホテル・テルミニュス 戦犯クラウス・バルビーの生涯

ノミネート

  • The Cry of Reason: Beyers Naude
  • レッツ・ゲット・ロスト
  • Promises to Keep/li>
  • 誰がビンセント・チンを殺したか?

短編ドキュメンタリー映画賞

You Don’t Have to Die

ノミネート

  • The Children’s Storefront
  • Family Gathering
  • Gang Cops’
  • Portrait of Imogen

短編実写映画賞

「The Appointments of Dennis Jennings」
ディーン・パリソット/スティーヴン・ライト

ノミネート

  • Cadillac Dreams
  • Gullah Tales

短編アニメ賞

「ティン・トイ」
ジョン・ラセター/ウィリアム・リーヴス

ノミネート

  • The Cat Came Back
  • Technological Threat

歌曲賞

  • 曲名:ステップ・バイ・ステップ
  • 映画:ワーキング・ガール
  • 作詞・作曲: カーリー・サイモン

ノミネート

  • Calling You(映画:「バグダッド・カフェ」)ボブ・テルソン(作詞・作曲)
  • Two Hearts(映画:「フィル・コリンズ in バスター」)ラモント・ドジャー (作曲)フィル・コリンズ(作詞)

作曲賞

「ミラグロ/奇跡の地」
デイヴ・グルーシン

ノミネート

  • 「偶然の旅行者」ジョン・ウィリアムズ
  • 「危険な関係」ジョージ・フェントン
  • 「愛は霧のかなたに」モーリス・ジャール
  • 「レインマン」ハンス・ジマー

録音賞

「バード」
レス・フレッショルツ/ディック・アレクサンダー/ヴァーン・ポア/ウィリー・D・バートン

ノミネート

  • 「ダイ・ハード」ドン・バスマン/ケヴィン・F・クレアリー/リチャード・オーヴァートン/アル・オーヴァートン
  • 「愛は霧のかなたに」アンディ・ネルソン/ブライアン・ソウンダース/ピーター・ハンドフォード
  • 「ロジャー・ラビット」ロバート・ニュードソン/ジョン・ボーイズ/ドン・ディジロラモ/トニー・ドー
  • 「ミシシッピー・バーニング」ロバート・リット/エリオット・タイソン/リック・クライン/ダニー・マイケル

撮影賞

「ミシシッピー・バーニング」
ピーター・ビジウ

ノミネート

  • 「レインマン」ジョン・シール
  • 「テキーラ・サンライズ」コンラッド・L・ホール
  • 「存在の耐えられない軽さ」スヴェン・ニクヴィスト
  • 「ロジャー・ラビット」ディーン・カンディ

美術賞

「危険な関係」
スチュアート・クレイグ(美術)
ジェラード・ジェイムズ(装置)

ノミネート

  • 「フォエバー・フレンズ」アルバート・ブレナー(美術)ギャレット・ルイス(装置)
  • 「レインマン」アイダ・ランドム(美術)リンダ・デシーナ(装置)
  • 「タッカー」ディーン・タヴォウラリス(美術)アーミン・ガンツ(装置)
  • 「ロジャー・ラビット」エリオット・スコット(美術)ピーター・ヒューイット(装置)

衣装デザイン賞

「危険な関係」
ジェームズ・アシュソン

ノミネート

  • 「星の王子 ニューヨークへ行く」デボラ・ナドゥールマン
  • 「ハンドフル・オブ・ダスト」ジェーン・ロビンソン
  • 「キャデラック・カウボーイ」パトリシア・ノリス
  • 「タッカー」ミレーナ・カノネロ

メイクアップ賞

「ビートルジュース」
ヴェ・ニール/スティーヴ・ラ・ポート/ロバート・ショート

ノミネート

  • 「星の王子 ニューヨークへ行く」リック・ベイカー
  • 「3人のゴースト」トム・バーマン/Bari Dreiband-Burman

編集賞

「ロジャー・ラビット」
アーサー・シュミット

ノミネート

  • 「ダイ・ハード」フランク・J・ユリオステ、ジョン・リンク
  • 「ミシシッピー・バーニング」ジェリー・ハンブリング
  • 「レインマン」ステュー・リンダー
  • 「愛は霧のかなたに」スチュアート・ベアード

視覚効果賞

「ロジャー・ラビット」
ケン・ローストン/リチャード・ウィリアムズ/エド・ジョーンズ/ジョージ・ギブス

ノミネート

  • 「ダイ・ハード」リチャード・エドランド/アル・ディサロ/ブレント・ボーツ/Thaine Morris
  • 「ウィロー」デニス・ミューレン/マイケル・J・マカリスター/フィル・ティペット/クリストファー・エヴァンス

名誉賞

  • カナダ国立映画製作庁
  • コダック

ゴードン・E・ソーヤー賞

ゴードン・ヘンリー・クック

特別業績賞

ロジャー・ラビット

備考

ダスティン・ホフマンが「レインマン」で、2度目の主演男優賞に輝きました。

作品賞や監督賞なども受賞した作品で、言うまでもない名作ですね。

トム・クルーズの演技も素晴らしかったです。

また、強烈に記憶に残っているのが、「告発の行方」のジョディ・フォスター。

特に、あの○○○シーンは、観るのが辛すぎ…

それを含めて、ジョディ・フォスターの演技が凄かったです。

そして、語るに外せないのが、「ダイ・ハード」の大ヒット!

ブルース・ウィリスが一躍スターとなった作品ですね。

ストーリーは面白いし、迫力は凄いし、アクション映画ではこの作品に敵うものはないと思わされます。

その他、個人的にとても印象に残っている作品が「偶然の旅行者」。

心温まるヒューマンドラマで、たまたま落ち込んでいるときに観たのですが、とても癒されました。

映像も綺麗なシーンが多く、ウィリアム・ハートやジーナ・デイヴィスの演技も素晴らしかったです。

あとは、トム・ハンクス主演の「ビッグ」も面白かったですね。

厳しい現実を突きつけられる部分もありますが、とても感動する物語です。