概要

  • 授賞式日時:1985年3月25日
  • 会場:ドロシー・チャンドラー・パビリオン
  • 司会:ジャック・レモン

作品賞

アマデウス

ノミネート

  • キリング・フィールド
  • インドへの道
  • プレイス・イン・ザ・ハート
  • ソルジャー・ストーリー

監督賞

ミロス・フォアマン
(作品:「アマデウス」)

ノミネート

  • ウディ・アレン(作品:「ブロードウェイのダニー・ローズ」)
  • ロバート・ベントン(作品:「プレイス・イン・ザ・ハート」)
  • ローランド・ジョフィ(作品:「キリング・フィールド」)
  • デヴィッド・リーン(作品:「インドへの道」)

主演男優賞

F・マーリー・エイブラハム
(作品:「アマデウス」)

ノミネート

  • ジェフ・ブリッジス(作品:「スターマン/愛・宇宙はるかに」)
  • アルバート・フィニー(作品:「火山のもとで」)
  • トム・ハルス(作品:「アマデウス」)
  • サム・ウォーターストン(作品:「キリング・フィールド」)

主演女優賞

サリー・フィールド
(作品:「プレイス・イン・ザ・ハート」)

ノミネート

  • ジュディ・デイヴィス(作品:「インドへの道」)
  • ジェシカ・ラング(作品:「カントリー」)
  • ヴァネッサ・レッドグレイヴ(作品:「ボストニアン」)
  • シシー・スペイセク(作品:「ザ・リバー」)

助演男優賞

ハイン・S・ニョール
(作品:「キリング・フィールド」)

ノミネート

  • アドルフ・シーザー(作品:「ソルジャー・ストーリー」)
  • ジョン・マルコヴィッチ(作品:「プレイス・イン・ザ・ハート」)
  • ノリユキ・パット・モリタ(作品:「ベスト・キッド」)
  • ラルフ・リチャードソン(作品:「グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説」)

助演女優賞

ペギー・アシュクロフト
(作品:「インドへの道」)

ノミネート

  • グレン・クローズ(作品:「ナチュラル」)
  • リンゼイ・クローズ(作品:「プレイス・イン・ザ・ハート」)
  • クリスティーン・ラーティ (作品:「スイング・シフト」)
  • ジェラルディン・ペイジ(作品:「パッショネイト 悪の華」)

脚本賞

「プレイス・イン・ザ・ハート」
ロバート・ベントン

ノミネート

  • 「ビバリーヒルズ・コップ」ダニロ・バック/ダニエル・ペトリ・Jr
  • 「ブロードウェイのダニー・ローズ」ウディ・アレン
  • 「エル・ノルテ/約束の地」グレゴリー・ナヴァ/アンナ・トーマス
  • 「スプラッシュ」ブライアン・グレイザー/ローウェル・ガンツ/ババルー・マンデル/ブルース・J・フリードマン

脚色賞

「アマデウス」
ピーター・シェーファー

ノミネート

  • 「グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説」P・H・ヴァザック/マイケル・オースティン[2]
  • 「キリング・フィールド」ブルース・ロビンソン
  • 「インドへの道」デヴィッド・リーン
  • 「ソルジャー・ストーリー」チャールズ・フラー

外国語映画賞

「Dangerous Moves」(スイス)

ノミネート

  • 「Beyond the Walls」(イスラエル)
  • 「カミーラ」(アルゼンチン)
  • 「Double Feature」(スペイン)
  • 「Wartime Romance」(ソ連)

長編ドキュメンタリー映画賞

ハーヴェイ・ミルク

ノミネート

  • High Schools
  • In the Name of the People
  • MARLENE/マレーネ
  • 子供たちをよろしく

短編ドキュメンタリー映画賞

The Stone Carvers

ノミネート

  • The Children of Soong Ching Ling
  • Code Gray: Ethical Dilemmas in Nursing
  • The Garden of Eden’
  • Recollections of Pavlovsk

短編実写映画賞

Up

ノミネート

  • The Painted Door
  • Tales of Meeting and Parting

短編アニメ賞

Charade

ノミネート

  • Doctor De Soto
  • Paradise

歌曲賞

  • 曲名:心の愛
  • 映画:ウーマン・イン・レッド
  • 作詞・作曲:スティーヴィー・ワンダー

ノミネート

  • Against All Odds (Take a Look at Me Now)(映画:「カリブの熱い夜」)フィル・コリンズ
  • Footloose(映画:「フットルース」)ケニー・ロギンス/ディーン・ピッチフォード
  • Let’s Hear It for the Boy(映画:「フットルース」)ディーン・ピッチフォード/トム・スノウ
  • Ghostbusters(映画:「ゴースト・バスターズ」)レイ・パーカー・ジュニア

作曲賞

「インドへの道」
モーリス・ジャール

ノミネート

  • 「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」ジョン・ウィリアムズ
  • 「ナチュラル」ランディ・ニューマン
  • 「ザ・リバー」ジョン・ウィリアムズ
  • 「火山のもとで」アレックス・ノース

編曲賞

「プリンス/パープル・レイン」
プリンス

ノミネート

  • 「マペットめざせブロードウェイ!」ジェフ・モス
  • 「ソングライター」クリス・クリストファーソン

録音賞

「アマデウス」
マーク・バーガー/トム・スコット/トッド・ボークルヘイド/クリス・ニューマン

ノミネート

  • 「デューン/砂の惑星」ビル・ヴァーニー/スティーヴ・マスロウ/ケヴィン・オコネル/ネルソン・ストール
  • 「2010年」マイケル・J・コフト/アーロン・ローチン/カルロス・デラリオス/ジーン・キャンタメッサ
  • 「インドへの道」グラハム・V・ハートストーン/ニコラス・ラ・メジャラー/マイケル・A・カーター/ジョン・W・ミッチェル
  • 「ザ・リバー」ニック・アルフィン/ロバート・サールウェル/リチャード・ポートマン/デヴィッド・M・ロニ

撮影賞

「キリング・フィールド」
クリス・メンゲス

ノミネート

  • 「アマデウス」ミロスラフ・オンドリチェク
  • 「ナチュラル」キャレブ・デシャネル
  • 「インドへの道」アーネスト・デイ
  • 「ザ・リバー」ヴィルモス・スィグモンド

美術賞

「アマデウス」
パトリシア・フォン・ブランデンスタイン(美術)
カレル・サーニー(装置)

ノミネート

  • 「2010年」アルバート・バーナー (美術)リック・シンプソン(装置)
  • 「コットンクラブ」リチャード・シルバート(美術)ジョージ・ゲインズ/レス・ブルーム(装置)
  • 「ナチュラル」アンゲロ・グラハム/メル・ボーン/スピード・ホプキンス(美術)ブルース・ワイントロープ(装置)
  • 「インドへの道」ジョン・ボックス (美術)レスリー・トムキンス/ヒュー・スケイフ (装置)

衣装デザイン賞

「アマデウス」
テオドール・ピステック

ノミネート

  • 「2010年」パトリシア・ノリス
  • 「ボストニアン」ジェニー・ビーヴァン/ジョン・ブライト
  • 「インドへの道」ジュディ・ムーアクロフト
  • 「プレイス・イン・ザ・ハート」アン・ロス

メイクアップ賞

「アマデウス」
ディック・スミス/ポール・ルブランク

ノミネート

  • 「グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説」リック・ベイカー/ポール・エンジェレン
  • 「2010年」マイケル・ウエストモア

編集賞

「キリング・フィールド」
ジム・クラーク

ノミネート

  • 「アマデウス」ニーナ・デーンヴィック/マイケル・チャンドラー
  • 「コットンクラブ」バリー・マルキン/ロバート・Q・ラヴェット
  • 「インドへの道」デヴィッド・リーン
  • 「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」ドン・キャンバーン/フランク・モリス

視覚効果賞

「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」
デニス・ミューレン/Michael J. McAlister/ローン・ピーターソン/ジョージ・ギブス

ノミネート

  • 「2010年」リチャード・エドランド/ニール・クレペラ/ジョージ・ヤンセン/マーク・ステットソン
  • 「ゴーストバスターズ」リチャード・エドランド/ジョン・ブルーノ/マーク・ヴァーゴ/チャック・ギャスパー

名誉賞

  • ジェームズ・ステュアート
  • National Endowment for the Arts

ジーン・ハーショルト友愛賞

デヴィッド・L・ウォルパー

ゴードン・E・ソーヤー賞

リンウッド・G・ダン

特別業績賞

ザ・リバー

備考

この回は、どうしても、「アマデウス」ほぼ一色というイメージがありますね。

作品賞をはじめとする最多8部門を受賞。

音楽家としては凡人であるサリエリを語り部として、天才モーツァルトの半生を描いた作品で、最初から最後までめちゃめちゃ面白かったです。

その他、かなり好みが偏りますが、個人的に大好きな作品は、「ベスト・キッド」と「スプラッシュ」。

「ベスト・キッド」は平凡な少年が、空手の師匠との交流を通じながら、成長していくサクセスストーリー。

続編も制作されるほど、面白い作品でした。

「スプラッシュ」は、ちょっとありえない設定のラブストーリー。

結構ツッコミどころはありますが、感動せずにはいられない物語でした。

主演のトム・ハンクスも、この時かなり若いですが、演技は目を見張るものがありました。

また、ちょっと残念なのは、「インドへの道」を今だに観ていないこと。

いつかは観ると思いますけどね。

これほどの作品を観ていないのは、さすがにもったいないなあと思います。