概要

  • 授賞式日時:1959年4月6日
  • 会場:RKOパンテージーズ・シアター
  • 司会:ジェリー・ルイス
    モート・サル
    トニー・ランドール
    ボブ・ホープ
    デヴィッド・ニーヴン
    ローレンス・オリヴィエ

作品賞

恋の手ほどき

ノミネート

  • 熱いトタン屋根の猫
  • メイム叔母さん
  • 旅路
  • 手錠のまゝの脱獄

監督賞

ヴィンセント・ミネリ
(作品:「恋の手ほどき」)

ノミネート

  • リチャード・ブルックス(作品:「熱いトタン屋根の猫」)
  • ロバート・ワイズ(作品:「私は死にたくない」)
  • スタンリー・クレイマー(作品:「手錠のまゝの脱獄」)
  • マーク・ロブソン(作品:「六番目の幸福」)

主演男優賞

デヴィッド・ニーヴン
(作品:「旅路」)

ノミネート

  • トニー・カーティス(作品:「手錠のまゝの脱獄」)
  • ポール・ニューマン(作品:「熱いトタン屋根の猫」)
  • シドニー・ポワチエ(作品:「手錠のまゝの脱獄」)
  • スペンサー・トレイシー(作品:「老人と海」)

主演女優賞

スーザン・ヘイワード
(作品:「私は死にたくない」)

ノミネート

  • デボラ・カー(作品:「旅路」)
  • シャーリー・マクレーン(作品:「走り来る人々」)
  • ロザリンド・ラッセル(作品:「メイム叔母さん」)
  • エリザベス・テイラー(作品:「熱いトタン屋根の猫」)

助演男優賞

バール・アイヴス
(作品:「大いなる西部」)

ノミネート

  • セオドア・ビケル(作品:「手錠のまゝの脱獄」)
  • リー・J・コッブ(作品:「カラマゾフの兄弟」)
  • アーサー・ケネディ(作品:「走り来る人々」)
  • ギグ・ヤング(作品:「先生のお気に入り」)

助演女優賞

ウェンディ・ヒラー
(作品:「旅路」)

ノミネート

  • ペギー・キャス(作品:「メイム叔母さん」)
  • マーサ・ハイヤー(作品:「走り来る人々」)
  • モーリン・ステイプルトン(作品:「孤独の旅路」)
  • カーラ・ウィリアムズ(作品:「手錠のまゝの脱獄」)

脚本賞

「手錠のまゝの脱獄」
ネドリック・ヤング/ハロルド・ジェイコブ・スミス

  • 「月夜の出来事」メルヴィル・シェイヴルソン/ジャック・ローズ
  • 「先生のお気に入り」フェイ・ケニン/マイケル・ケニン
  • 「The Goddess」パディ・チャイエフスキー
  • 「縄張り」ウィリアム・バワーズ/ジェームズ・エドワード・グラント

脚色賞

「恋の手ほどき」
アラン・ジェー・ラーナー

ノミネート

  • 「熱いトタン屋根の猫」 リチャード・ブルックス/ジェームズ・ポー
  • 「私は死にたくない」ドン・マンキウィッツ/ネルソン・ギディング
  • 「旅路」ジョン・ゲイ/テレンス・ラティガン
  • 「The Horse’s Mouth」アレック・ギネス

外国語映画賞

「ぼくの伯父さん」(フランス)

ノミネート

  • Arms and the Man (ドイツ)
  • Big Deal on Madonna Street (イタリア)
  • The Road a Year Long (ユーゴスラビア)
  • La venganza (スペイン)

長編ドキュメンタリー映画賞

白い荒野

ノミネート

  • Antarctic Crossing
  • The Hidden World
  • Psychiatric Nursing

短編ドキュメンタリー映画賞

海女ガール

ノミネート

  • Employees Only
  • Journey into Spring
  • The Living Stone
  • Overture

短編実写映画賞

「グランド・キャニオン」
ウォルト・ディズニー

ノミネート

  • 「Journey into Spring」イアン・ファーガソン
  • 「The Kiss」ジョン・ヘイズ
  • 「Snows of Aorangi」New Zealand Screen Board
  • 「T Is for Tumbleweed」James A. Lebenthal

短編アニメ賞

「Knighty Knight Bugs」
ジョン・W・バートン

ノミネート

  • 「Paul Bunyan」ウォルト・ディズニー
  • 「Sidney’s Family Tree」William M. Weiss

ドラマ・コメディ音楽賞

「老人と海」
ディミトリ・ティオムキン

ノミネート

  • 「旅路」デイヴィッド・ラクシン
  • 「大いなる西部」ジェローム・モロス
  • 「若き獅子たち」ヒューゴ・フリードホーファー
  • 「白い荒野」オリバー・ウォレス

ミュージカル音楽賞

「恋の手ほどき」
アンドレ・プレヴィン

ノミネート

  • 「くたばれ!ヤンキース」レイ・ハインドーフ
  • 「恋愛候補生」ライオネル・ニューマン
  • 「南太平洋」アルフレッド・ニューマン/ケン・ダービー
  • 「The Bolshoi Ballet」Yuri Fayer/G. Rozhdestvensky

歌曲賞

  • 作品:いとしのジジ
  • 映画:恋の手ほどき
  • 作曲:フレデリック・ロウ
  • 作詞:アラン・ジェイ・ラーナー

ノミネート

  • A Certain Smile(映画:「ある微笑」)サミー・フェイン(作曲)/ポール・フランシス・ウェブスター(作詞)
  • Almost In Your Arms(映画:「月夜の出来事」)ジェイ・リビングストン(作曲)/レイ・エバンズ(作詞)
  • A Very Precious Love(映画:「初恋」)サミー・フェイン(作曲)/ポール・フランシス・ウェブスター(作詞)
  • To Love and Be Loved(映画:「走り来る人々」)ジミー・ヴァン・ヒューゼン(作曲)/サミー・カーン (作詞)

撮影賞 (モノクロ)

「手錠のまゝの脱獄」
サム・リーヴィット

ノミネート

  • 「楡の木蔭の欲望」ダニエル・L・ファップ
  • 「私は死にたくない」ライオネル・リンドン
  • 「旅路」チャールズ・ラング・Jr
  • 「若き獅子たち」ジョー・マクドナルド

撮影賞 (カラー)

「恋の手ほどき」
ジョセフ・ルッテンバーグ

ノミネート

  • 「メイム叔母さん」ハリー・ストラドリング
  • 「熱いトタン屋根の猫」ウィリアム・H・ダニエルズ
  • 「南太平洋」レオン・シャムロイ
  • 「老人と海」ジェームズ・ウォン・ハウ

美術賞

「恋の手ほどき」
ウィリアム・A・ホーニング/E・プレストン・エーミス(美術)
ヘンリー・グレース/キオー・グリースン(装置)

ノミネート

  • 「ある微笑」 Lyle R. Wheeler/John DeCuir(美術)Walter M. Scott/ポール・S・フォックス(装置)
  • 「メイム叔母さん」マルコム・バート(美術)ジェームズ・ホプキンス(装置)
  • 「媚薬」 Cary odell(美術)Louis Diage(装置)
  • 「めまい」ハル・ペレイラ/ヘンリー・バムステッド(美術)サム・コマー/フランク・マクケルビー (装置)

衣装デザイン賞

「恋の手ほどき」
セシル・ビートン

ノミネート

  • 「ある微笑」チャールズ・ルメイア/メアリー・ウィルズ
  • 「媚薬」ジャン・ルイ
  • 「走り来る人々」ウォルター・プランケット
  • 「大海賊」ラルフ・ジェスター/イーディス・ヘッド/ジョン・ジェンスン

録音賞

南太平洋

ノミネート

  • 愛する時と死する時
  • 私は死にたくない
  • 若き獅子たち
  • めまい

編集賞

「恋の手ほどき」
エードリアン・ファザン

ノミネート

  • 「メイム叔母さん」William Ziegler
  • 「カウボーイ」William A. Lyon/アル・クラーク
  • 「私は死にたくない」William Hornbeck
  • 「手錠のまゝの脱獄」Frederick Knudtson

特殊効果賞

「親指トム」Tom Howard

ノミネート

「雷撃命令」A. Arnold Gillespie/Harold Humbrock

名誉賞

モーリス・シュヴァリエ

アービング・G・タルバーグ賞

ジャック・L・ワーナー

備考

前回、モノクロ部門とカラー部門に分かれていた「撮影賞」が一本化されましたが。

カメラマンなどから「カラーとモノクロでは撮影技術が違う」というようなクレームが出たため、再び「撮影賞」がモノクロ部門とカラー部門に分化しました。

また、「作曲賞」も、ドラマ・コメディ部門とミュージカル部門が復活しています。

賞レースの行方は、「恋の手ほどき」が作品賞や監督賞など9部門にノミネートされ、その全てを受賞するという快挙を達成しました。