概要

  • 授賞式日時:1958年3月26日
  • 会場:パンテージズ・シアター
  • 司会:ボブ・ホープ
    ロザリンド・ラッセル
    デヴィッド・ニーヴン
    ジェームズ・ステュアート
    ジャック・レモン
    ドナルドダック (声・クラレンス・ナッシュ)

作品賞

戦場にかける橋

ノミネート

  • サヨナラ
  • 青春物語
  • 情婦
  • 十二人の怒れる男

監督賞

デヴィッド・リーン
(作品:「戦場にかける橋」)

ノミネート

  • シドニー・ルメット(作品:「十二人の怒れる男」)
  • ビリー・ワイルダー (作品:「情婦」)
  • ジョシュア・ローガン(作品:「サヨナラ」)
  • マーク・ロブソン(作品:「青春物語」)

主演男優賞

アレック・ギネス
(作品:「戦場にかける橋」)

ノミネート

  • マーロン・ブランド(作品:「サヨナラ」)
  • アンソニー・フランシオサ(作品:「夜を逃れて」)
  • チャールズ・ロートン(作品:「情婦」)
  • アンソニー・クイン(作品:「野生の息吹き」)

主演女優賞

ジョアン・ウッドワード
(作品:「イブの三つの顔」)

ノミネート

  • デボラ・カー(作品:「白い砂」)
  • アンナ・マニャーニ(作品:「野生の息吹き」)
  • エリザベス・テイラー(作品:「愛情の花咲く樹」)
  • ラナ・ターナー(作品:「青春物語」)

助演男優賞

レッド・バトンズ
(作品:「サヨナラ」)

ノミネート

  • ヴィットリオ・デ・シーカ(作品:「武器よさらば」)
  • 早川雪洲(作品:「戦場にかける橋」)
  • アーサー・ケネディ(作品:「青春物語」)
  • ラス・タンブリン(作品:「青春物語」)

助演女優賞

ミヨシ・ウメキ
(作品:「サヨナラ」)

ノミネート

  • キャロリン・ジョーンズ(作品:「独身者のパーティ」)
  • エルザ・ランチェスター(作品:「情婦」)
  • ホープ・ラング(作品:「青春物語」)
  • ダイアン・ヴァーシ(作品:「青春物語」)

脚本賞

「バラの肌着」
ジョージ・ウェルズ

  • 「青春群像」フェデリコ・フェリーニ/トゥリオ・ピネッリ/エンニオ・フライアーノ
  • 「パリの恋人」レナード・ガーシュ
  • 「千の顔を持つ男」ラルフ・ウィールライト/R・ライト・キャンベル/アイヴァン・ゴッフ/ベン・ロバーツ
  • 「胸に輝く星」バーニー・スレイター/ジョエル・ケイン/ダドリー・ニコルズ

脚色賞

「戦場にかける橋」
マイケル・ウィルソン/カール・フォアマン/ピエール・ブール

ノミネート

  • 「十二人の怒れる男」 レジナルド・ローズ
  • 「青春物語」ジョン・マイケル・ヘイズ
  • 「サヨナ」ラ」ポール・オズボーン
  • 「白い砂」ジョン・リー・メイヒン、ジョン・ヒューストン

外国語映画賞

「カビリアの夜」(イタリア)

ノミネート

  • Mother India (インド)
  • The Devil Came at Night (ドイツ)
  • 脱出地点 (ノルウェー)
  • リラの門 (フランス)

長編ドキュメンタリー映画賞

Albert Schweitzer

ノミネート

  • バワリー25時
  • Torero

短編ドキュメンタリー映画賞

※受賞なし

短編実写映画賞

勇敢なりょう犬

ノミネート

  • A Chairy Tale
  • City of Gold
  • Foothold on Antarctica
  • Portugal

短編アニメ賞

Birds Anonymous

ノミネート

  • One Droopy Knight
  • Tabasco Road
  • Trees and Jamaica Daddy
  • The Truth about Mother Goose

作曲賞

「戦場にかける橋」
マルコム・アーノルド

ノミネート

  • 「めぐり逢い」ヒューゴー・フリードホーファー
  • 「島の女」 ヒューゴー・フリードホーファー
  • 「ペリ」ポール・J・スミス
  • 「愛情の花咲く樹」ジョニー・グリーン

歌曲賞

  • 作品:All the Way
  • 映画:抱擁
  • 作曲:ジミー・ヴァン・ヒューゼン
  • 作詞:サミー・カーン

ノミネート

  • An Affair To Remember(映画:「めぐり逢い」) ハリー・ウォーレン(作曲)レオ・マッケリー/ハロルド・アダムソン (作詞)
  • April Love(映画:「四月の恋」)サミー・フェイン(作曲)ポール・フランシス・ウェブスター (作詞)
  • Wild Is the Wind(映画:「野生の息吹き」)ディミトリ・ティオムキン(作曲)ネッド・ワシントン(作詞)
  • Tammy(映画:「Tammy and the Bachelor」) レイ・エバンズ(作曲)ジェイ・リヴィングストーン (作詞)

撮影賞

「戦場にかける橋」
ジャック・ヒルデヤード

ノミネート

  • 「春物語」ウィリアム・C・メラー
  • 「パリの恋人」 レイ・ジューン
  • 「めぐり逢い」ミルトン・クラスナー
  • 「サヨナラ」エルスワース・フレデリックス

美術賞

「サヨナラ」
Ted Haworth(美術)
ロバート・プリーストリー(装置)

ノミネート

  • 「パリの恋人」ハル・ペレイラ/ジョージ・W・デイヴィス(美術)サム・コマー/レイ・モイヤー(装置)
  • 「愛情の花咲く樹」ウィリアム・A・ホーニング/ウリー・マックリアリー(美術)エドウィン・B・ウィリス/ヒュー・ハント (装置)
  • 「魅惑の巴里」 ウィリアム・A・ホーニング/ジーン・アレン (美術)エドウィン・B・ウィリス/リチャード・ペファール (装置)
  • 「夜の豹」 Walter Holscher(美術)ウィリアム・キアナン/ルイス・ディエッジ (装置)

衣装デザイン賞

「魅惑の巴里」
オリー・ケリー

ノミネート

  • 「めぐり逢い」チャールズ・ルメイア
  • 「パリの恋人」イーディス・ヘッド、ユベール・ド・ジバンシィ
  • 「夜の豹」Jean Louis
  • 「愛情の花咲く樹」ウォルター・プランケット

録音賞

サヨナラ

ノミネート

  • OK牧場の決斗
  • 魅惑の巴里
  • 情婦
  • 夜の豹

編集賞

「戦場にかける橋」
ピーター・テイラー

ノミネート

  • 「サヨナラ」アーサー・P・シュミット、フィリップ・W・アンダーソン
  • 「夜の豹」ヴィオラ・ローレンス、ジェローム・トマス
  • 「情婦」ダニエル・マンデル
  • 「OK牧場の決斗」Warren Low

特殊効果賞

「眼下の敵」ウォルター・ロッシ

ノミネート

「翼よ! あれが巴里の灯だ」 Louis Lichtenfield

名誉賞

  • チャールズ・ブラケット
  • B.B. Kahane
  • ブロンチョ・ビリー・アンダーソン
  • 米国映画テレビ技術者協会

ジーン・ハーショルト友愛賞

サミュエル・ゴールドウィン

備考

この回より、

  • 「短編実写映画賞」の「一巻」と「二巻」部門→「短編(実写)映画賞」に一本化。
  • 「原案賞」→廃止
  • 「撮影賞」「美術賞」「衣裳デザイン賞」の「モノクロ」と「カラー」部門→それぞれ「撮影賞」「美術賞」「衣裳デザイン賞」に統一
  • 「ドラマ・コメディ音楽賞」と「ミュージカル音楽賞」→一時的に「作曲賞」に統一

となりました。

「戦場にかける橋」が作品賞をはじめとする7部門を受賞。

ミヨシ・ウメキ(ナンシー梅木)さんが助演女優賞を受賞し、日本人として、さらには東洋人として初のオスカーに輝きました。

また、無冠に終わりましたが、「十二人の怒れる男」は名作ですね。

私は大学の法律の授業の課題として視聴したのを含めて、計3回ほど観ましたが。

かなり質素な作りであるものの、ストーリーが秀逸で、何度見ても感嘆してしまいますね。

脚本がしっかりしていれば、低予算でも素晴らしい作品が出来上がるということを痛感します。