概要

  • 授賞式日時:1955年3月30日
  • 会場:RKOパンテージズ・シアター
    NBCセンチュリー・シアター
  • 司会:ボブ・ホープ(ハリウッド)
    セルマ・リッター(ニューヨーク)

作品賞

波止場

ノミネート

  • 掠奪された七人の花嫁
  • ケイン号の叛乱
  • 喝采
  • 愛の泉

監督賞

エリア・カザン
(作品:「波止場」)

ノミネート

  • アルフレッド・ヒッチコック(作品:「裏窓」)
  • ビリー・ワイルダー(作品:「麗しのサブリナ」)
  • ジョージ・シートン(作品:「喝采」)
  • ウィリアム・A・ウェルマン(作品:「紅の翼」)

主演男優賞

マーロン・ブランド
(作品:「波止場」)

ノミネート

  • ジェームズ・メイソン(作品:「スタア誕生」)
  • ダン・オハーリー(作品:「ロビンソン漂流記」)
  • ハンフリー・ボガート(作品:「ケイン号の叛乱」)
  • ビング・クロスビー(作品:「喝采」)

主演女優賞

グレース・ケリー
(作品:「喝采」)

ノミネート

  • ジュディ・ガーランド(作品:「スタア誕生」)
  • ドロシー・ダンドリッジ(作品:「カルメン」)
  • ジェーン・ワイマン(作品:「心のともしび」)
  • オードリー・ヘプバーン(作品:「麗しのサブリナ」)

助演男優賞

エドモンド・オブライエン
(作品:「裸足の伯爵夫人」)

ノミネート

  • リー・J・コッブ(作品:「波止場」)
  • カール・マルデン(作品:「波止場」)
  • ロッド・スタイガー(作品:「波止場」)
  • トム・タリー(作品:「ケイン号の叛乱」)

助演女優賞

エヴァ・マリー・セイント
(作品:「波止場」)

ノミネート

  • ケティ・フラド(作品:「折れた槍」)
  • ニナ・フォック(作品:「重役室」)
  • ジャン・スターリング(作品:「紅の翼」)
  • クレア・トレヴァー (作品:「紅の翼」)

脚本賞

「喝采」
バッド・シュールバーグ

  • 「おかしなおかしな自動車競争」ウィリアム・ローズ
  • 「あの手この手」ノーマン・パナマ、メルヴィン・フランク
  • 「裸足の伯爵夫人」ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
  • 「グレン・ミラー物語」ヴァレンタイン・デイヴィス、オスカー・ブロドニー

脚色賞

「喝采」
ジョージ・シートン

ノミネート

  • 「裏窓」ジョン・マイケル・ヘイズ
  • 「麗しのサブリナ」ビリー・ワイルダー/サミュエル・テイラー、アーネスト・レーマン
  • 「ケイン号の叛乱」スタンリー・ロバーツ
  • 「掠奪された七人の花嫁」アルバート・ハケット/ランセス・グッドリッチ/ドロシー・キングスレイ

原案賞

「折れた槍」
フィリップ・ヨーダン

ノミネート

  • 「夜の人々」テッド・ハリス/トーマス・リード
  • 「ショウほど素敵な商売はない」ラマー・トロッティ
  • 「禁じられた遊び」フランソワ・ボワイエ
  • 「パンと恋と夢」エットーレ・マリア・マルガドンナ

長編ドキュメンタリー映画賞

「滅びゆく大草原」
ウォルト・ディズニー

ノミネート

The Stratford Adventure

短編ドキュメンタリー映画賞

木曜日の子供たち

ノミネート

  • Jet Carrier
  • Rembrandt: A Self-Portrait

短編実写映画賞・一巻

This Mechanical Age
ロバート・ヤングソン

ノミネート

  • 「The First Piano Quartette」オットー・ラング
  • 「The Strauss Fantasy」ジョニー・グリーン

短編実写映画賞・二巻

A Time Out of War
デニス・サンダース/テリー・サンダース

ノミネート

  • 「Beauty and the Bull」セドリック・フランシス
  • 「Jet Carrier」オットー・ラング
  • 「Siam」ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

短編アニメ賞

When Magoo Flew

ノミネート

  • Crazy Mixed Up Pup
  • Pigs Is Pigs
  • Sandy Claws
  • 武士道はつらい

ドラマ・コメディ音楽賞

「紅の翼」
ディミトリ・ティオムキン

ノミネート

  • 「おかしなおかしな自動車競争」ラリー・アドラー
  • 「波止場」レナード・バーンスタイン
  • 「ケイン号の叛乱」マックス・スタイナー
  • 「銀の盃」フランツ・ワックスマン

ミュージカル音楽賞

「掠奪された七人の花嫁」
アドルフ・ドイチュ/ソウル・チャップリン

ノミネート

  • 「グレン・ミラー物語」ジョセフ・ガーシェンソン/ヘンリー・マンシーニ
  • 「カルメン」ハーシェル・バーク・ギルバート
  • 「スタア誕生」レイ・ハインドーフ
  • 「ショウほど素敵な商売はない」アルフレッド・ニューマン/ライオネル・ニューマン

歌曲賞

  • 作品:泉の中の三つの銀貨
  • 映画:愛の泉
  • 作曲:ジュール・スタイン
  • 作詩:サミー・カーン

ノミネート

  • Count Your Blessings Instead of Sheep(映画:「ホワイト・クリスマス」)アーヴィング・バーリン(作詞・作曲)
  • ハイ・アンド・マイティ(映画:「紅の翼」)ディミトリ・ティオムキン(作曲)/ネッド・ワシントン(作詞)
  • Hold My Hand(映画:「奥様は芳紀十七才」)ジャック・ローレンス/リチャード・マイヤーズ(作詞・作曲)
  • 去って行った彼(映画:「スタア誕生」)ハロルド・アーレン(作曲)/アイラ・ガーシュウィン(作詞)

撮影賞(モノクロ)

「波止場」
ボリス・カウフマン

ノミネート

  • 「重役室」ジョージ・フォルシー
  • 「悪徳警官」ジョン・サイツ
  • 「麗しのサブリナ」チャールズ・ラング・Jr
  • 「喝采」ジョン・F・ウォーレン

撮影賞(カラー)

「愛の泉」
ミルトン・クラスナー

ノミネート

  • 「窓」ロバート・バークス
  • 「掠奪された七人の花嫁」ジョージ・フォルシー
  • 「エジプト人」レオン・シャムロイ
  • 「銀の盃」ウィリアム・V・スコール

美術賞(モノクロ)

「波止場」
リチャード・デイ(美術・装置)

ノミネート

  • 「重役室」セドリック・ギボンズ/エドワード・カーファグノ(美術)エドウィン・B・ウィリス/エミール・クーリ(装置)
  • 「麗しのサブリナ」ハル・ペレイラ/ウォルター・タイラー(美術)サム・コマー/レイ・モイヤー(装置)
  • 「喝采」ハル・ペレイラ/ローランド・アンダーソン(美術)サム・コマー/グレイス・グレゴリー(装置)
  • 「快楽」マックス・オフュルス(美術・装置)

美術賞(カラー)

「海底二万哩」
ジョン・ミーハン(美術)
エミール・クーリ(装置)

ノミネート

  • 「スタア誕生」マルコム・バート/ジーン・アレン/アイリーン・シャラフ(美術)ジョージ・ジェイムズ・ホプキンス(装置)
  • 「ブリガドーン」セドリック・ギボンズ/プレストン・エイムズ(美術)エドウィン・B・ウィリス/キーオー・グリーソン(装置)
  • 「デジレ」ライル・ウィーラー/リーランド・フラー(美術)ウォルター・M・スコット/ポール・S・フォックス(装置)
  • 「Red Garters」ハル・ペレイラ/ローランド・アンダーソン(美術)サム・コマー/レイ・モイヤー(装置)

衣装デザイン賞(モノクロ)

「麗しのサブリナ」
イーディス・ヘッド

ノミネート

  • 「重役室」ヘレン・ローズ
  • 「It Should Happen to You」ジャン・ルイ
  • 「The Earrings of Madame de…」ジョルジュ・アネンコフ/ロジーヌ・ドラマレ
  • 「終着駅」クリスチャン・ディオール

衣装デザイン賞(カラー)

「地獄門」
和田三造

ノミネート

  • 「スタア誕生」ジャン・ルイ/メアリー・アン・ニューベア/アイリーン・シャラフ
  • 「ブリガドーン」アイリーン・シャラフ
  • 「デジレ」チャールズ・ル・メア/ルネ・ユベール
  • 「ショウほど素敵な商売はない」チャールズ・ル・メア/トラビーヤ/マイルス・ホワイト

録音賞

グレン・ミラー物語

ノミネート

  • 裏窓
  • ブリガドーン
  • 奥様は芳紀十七才
  • ケイン号の叛乱

編集賞

「波止場」
ジーン・ミルフォード

ノミネート

  • 「ケイン号の叛乱」ウィリアム・A・リオン
  • 「紅の翼」ラルフ・ドーソン
  • 「掠奪された七人の花嫁」ラルフ・E・ウィンターズ
  • 「海底二万哩」エルモ・ウィリアムス

特殊効果賞

海底二万哩

名誉賞

  • ボシュロム・オプティカル社
  • ケンプ・R・ナイヴァー
  • グレタ・ガルボ
  • ダニー・ケイ
  • ジョン・ホワイトリー
  • ヴィンセント・ウィンター

外国語映画賞

地獄門(日本)

備考

マーロン・ブランドが、4回連続ノミネートで初の主演男優賞を受賞しました。

グレース・ケリーが「喝采」で主演女優賞を受賞しましたが、「裏窓」で献身的に主人公を支えるヒロインの姿も素敵でした。

こんな恋人、ほしいなぁと思ったものです(笑)

また、個人的に印象に残っている映画は「スタア誕生」で、とても感動しました。