概要

  • 授賞式日時:1950年3月23日
  • 会場:RKOパンテージズ・シアター
  • 司会:ポール・ダグラス

作品賞

オール・ザ・キングスメン

ノミネート

  • 戦場
  • 女相続人
  • 三人の妻への手紙
  • 頭上の敵機

監督賞

ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
(作品:「三人の妻への手紙」)

ノミネート

  • キャロル・リード(作品:「落ちた偶像」)
  • ロバート・ロッセン(作品:「オール・ザ・キングスメン」)
  • ウィリアム・A・ウェルマン(作品:「戦場」)
  • ウィリアム・ワイラー(作品:「女相続人」)

主演男優賞

ブロデリック・クロフォード
(作品:「オール・ザ・キングスメン」)

ノミネート

  • ジョン・ウェイン(作品:「硫黄島の砂」)
  • カーク・ダグラス(作品:「チャンピオン」)
  • グレゴリー・ペック(作品:「頭上の敵機」)
  • リチャード・トッド(作品:「命ある限り」)

主演女優賞

オリヴィア・デ・ハヴィランド
(作品:「女相続人」)

ノミネート

  • スーザン・ヘイワード(作品:「愚かなり我が心」)
  • ジーン・クレイン(作品:「ピンキー」)
  • デボラ・カー(作品:「Edward, My Son」)
  • ロレッタ・ヤング(作品:「星は輝く」)

助演男優賞

ディーン・ジャガー
(作品:「頭上の敵機」)

ノミネート

  • ジョン・アイアランド
    (作品:オール・ザ・キングスメン」)
  • アーサー・ケネディ
    (作品:チャンピオン」)
  • ラルフ・リチャードソン
    (作品:女相続人」)
  • ジェームズ・ホイットモア
    (作品:戦場」)

助演女優賞

マーセデス・マッケンブリッジ
(作品:「オール・ザ・キングスメン」)

ノミネート

  • エセル・バリモア(作品:「ピンキー」)
  • セレステ・ホルム(作品:「星は輝く」)
  • エルザ・ランチェスター(作品:「星は輝く」)
  • エセル・ウォーターズ(作品:「ピンキー」)

脚本賞

「三人の妻への手紙」
ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ

  • 「チャンピオン」カール・フォアマン
  • 「「落ちた偶像」グレアム・グリーン
  • 「オール・ザ・キングスメン」ロバート・ロッセン
  • 「自転車泥棒」チェーザレ・ザヴァッティーニ

脚色賞

「戦場」
ロバート・ピロッシュ

ノミネート

  • 「ジョルスン再び歌う」シドニー・バックマン
  • 「Passport to Pimlico」T・E・B・クラーク
  • 「戦火のかなた」アルフレッド・ヘイズ/フェデリコ・フェリーニ/セルジオ・アミデイ/マルチェロ・パリエーロ/ロベルト・ロッセリーニ
  • 「The Quiet One」ヘレン・レヴィット/ジャニス・ローブ/シドニー・マイヤーズ

原案賞

「甦る熱球」
ダグラス・モロー

ノミネート

  • 「硫黄島の砂」ハリー・ブラウン
  • 「白熱」ヴァージニア・ケロッグ
  • 「星は輝く」クレア・ブース・ルース
  • 「春の珍事」シャーリー・W・スミス/ヴァレンタイン・デイヴィス

長編ドキュメンタリー映画賞

Daybreak in Udi

ノミネート

Kenji Comes Home

短編ドキュメンタリー映画賞

  • A Chance to Live
  • So Much for So Little

ノミネート

  • 1848
  • The Rising Tide

短編実写映画賞・一巻

「Aquatic House Party」
ジャック・イートン

ノミネート

  • 「Roller Derby Girl」ジャスティン・ハーマン
  • 「So You Think You’re Not Guilty」ゴードン・ホリングゼッド
  • 「Spills and Chills」ウォルトン・C・アメント
  • 「Water Trix」ピート・スミス

短編実写映画賞・二巻

「ヴァン・ゴッホ」
ガストン・ディール/ロベール・ヘッセン

ノミネート

  • 「The Boy and the Eagle」ウィリアム・ラスキー
  • 「Chase of Death」アーヴィング・アレン
  • 「The Grass Is Always Greener」ゴードン・ホリングゼッド
  • 「Snow Carnival」ゴードン・ホリングゼッド

短編アニメ賞

「For Scent-imental Reasons」
フレッド・クインビー

ノミネート

  • Canary Row
  • いたずらきつつき
  • The Magic Fluke’
  • Toy Tinkers

ドラマ・コメディ音楽賞

「女相続人」
アーロン・コープランド

ノミネート

  • 「森の彼方に」マックス・スタイナー
  • 「チャンピオン」ディミトリ・ティオムキン

ミュージカル音楽賞

「オン・ザ・タウン」
ロジャー・イーデンス/レニー・ヘイトン

ノミネート

  • 「虹の女王」レイ・ハインドーフ
  • 「ジョルスン再び歌う」モリス・W・ストロフ/ジョージ・ダニング

歌曲賞

  • 作品:外は寒いよ
  • 映画:水着の女王
  • 作詩・作曲:フランク・ローサー

ノミネート

  • It’s a Great Feeling(映画:「It’s a Great Feeling」)ジュール・スタイン(作曲)/サミー・カーン(作詞)
  • Lavender Blue(映画:「「わが心にかくも愛しき(私の心よ)」)エリオット・モレイ(作曲)/ラリー・モーレイ(作詞)
  • 「愚かなり我が心」 (映画:「愚かなり我が心」)ヴィクター・ヤング(作曲)/ネッド・ワシントン(作詞)
  • Through a Long and Sleepless Night(映画:「「星は輝く」)アルフレッド・ニューマン(作曲)/マック・ゴードン(作詞)

撮影賞(モノクロ)

「戦場」
ポール・C・ヴォーゲル

ノミネート

  • 「星は輝く」ジョセフ・ラシェル
  • 「チャンピオン」フランク・プラナー
  • 「狐の王子」レオン・シャムロイ
  • 「女相続人」レオ・トーヴァー

撮影賞(カラー)

「黄色いリボン」
ウィントン・C・ホック

ノミネート

  • 「ワイオミングの緑草」チャールズ・クラーク
  • 「カルメン」ウィリアム・スナイダー
  • 「三銃士」ロバート・プランク

美術賞(モノクロ)

「女相続人」
ジョン・ミーハン/ハリー・ホーナー(美術)
エミール・クーリ(装置)

ノミネート

  • 「ボヴァリー夫人」セドリック・ギボンズ/ジャック・マーチン・スミス(美術)エドウィン・B・ウィリス/Richard A. Pefferle(装置)
  • 「星は輝く」ライル・ウィーラー/ジョセフ・C・ライト(美術)トーマス・リトル/ポール・S・フォックス(装置)

美術賞(カラー)

「若草物語」
セドリック・ギボンズ/ポール・グロッシー(美術)
エドウィン・B・ウィリス/ジャック・D・ムーア(装置)

ノミネート

  • 「ドン・ファンの冒険」エドワード・キャリア(美術)/ライル・レイフスナイダー(装置)
  • 「死せる恋人に捧ぐる悲歌」ジム・モラハン/ウィリアム・ケルナー/マイケル・レルフ(美術・装置)

衣装デザイン賞(モノクロ)

「女相続人」
イーディス・ヘッド/ジャイル・スティール

ノミネート

「狐の王子」ヴィットリオ・ニーノ・ノヴァレーゼ

衣装デザイン賞(カラー)

「ドン・ファンの冒険」
リー・ローデス/トラビーヤ/マージョリー・ベスト

ノミネート

「ママは大学一年生」カイ・ネルソン

録音賞

頭上の敵機

ノミネート

  • 硫黄島の砂
  • 恋人よ、いま一度

編集賞

「チャンピオン」
ハリー・W・ガースタッド

ノミネート

  • 「オール・ザ・キングスメン」ロバート・パリッシュ、アル・クラーク
  • 「戦場」ジョン・D・ダニング
  • 「硫黄島の砂」リチャード・L・ヴァン・インジャー
  • 「窓」フレデリック・ナドソン

特殊効果賞

猿人ジョー・ヤング

ノミネート

タルサ

名誉賞

  • フレッド・アステア
  • セシル・B・デミル
  • ジーン・ハーショルト

外国語映画賞

自転車泥棒(イタリア)

子役賞

イワン・ヤンドル

アービング・G・タルバーグ賞

ボビー・ドリスコール