概要

  • 決勝放送日:2006年12月24日
  • 司会:今田耕司/眞鍋かをり
  • 視聴率:関東18.0%/関西31.1%
  • 予選参加者数:3922組
  • 大会期間:2006年9月2日~12月24日

決勝進出者

  • 麒麟(川島明/田村裕):吉本興業(大阪)所属
  • ザ・プラン9(お~い!久馬/なだぎ武/浅越ゴエ/ヤナギブソン/鈴木つかさ):吉本興業(大阪)所属
  • チュートリアル(徳井義実/福田充徳):吉本興業(大阪)所属
  • トータルテンボス(大村朋宏/藤田憲右):吉本興業(東京)所属
  • フットボールアワー (岩尾望/後藤輝基):吉本興業(東京)所属
  • 変ホ長調(小田ひとみ/彼方さとみ):アマチュア
  • POISON GIRL BAND(阿部智則/吉田大吾):吉本興業(東京)所属
  • ライセンス(井本貴史/藤原一裕) :吉本興業(東京)所属
  • 笑い飯(西田幸治/哲夫):吉本興業(大阪)所属

審査員

  • 島田紳助
  • 松本人志
  • 南原清隆
  • 渡辺正行
  • 島田洋七
  • 大竹まこと
  • 中田カウス

決戦出場者 得点状況

順位 グループ名 総合得点 島田
紳助
松本
人志
南原
清隆
渡辺
正行
島田
洋七
大竹
まこと
中田
カウス
1 チュートリアル 664 97 95 90 95 98 92 97
2 フットボールアワー 640 90 90 94 90 91 89 96
3 麒麟 627 88 87 91 89 92 86 94
4 笑い飯 626 89 89 92 85 90 85 92
5 トータルテンボス 613 87 90 88 85 90 83 90
6 ライセンス 609 85 85 90 88 89 83 89
7 ザ・プラン9 597 83 80 89 80 90 82 93
8 変ホ長調 576 82 75 84 79 85 83 88
9 POISON GIRL BAND 570 76 85 85 75 81 83 85

最終決戦 投票結果

順位 グループ名 得票数 島田
紳助
松本
人志
南原
清隆
渡辺
正行
島田
洋七
大竹
まこと
中田
カウス
優勝 チュートリアル 7票
2位 フットボールアワー 0票
3位 麒麟 0票

準決勝進出者一覧

  • アジアン
  • えんにち
  • カナリア
  • 鎌鼬
  • カリカ
  • カルパチーノ
  • ギャロップ
  • キャン×キャン
  • 麒麟
  • 銀シャリ
  • 5番6番
  • ザ・パンチ
  • ザ・プラン9
  • ザブングル
  • サンドウィッチマン
  • 三拍子
  • 磁石
  • ジパング上陸作戦
  • ジャリズム
  • ジャルジャル
  • ストレートタイム
  • スマイル
  • ダイアン
  • タイムマシーン3号
  • チーモンチョーチュウ
  • 千鳥
  • チュートリアル
  • 超新塾
  • デニッシュ
  • 天竺鼠
  • 天津
  • トータルテンボス
  • 東京ダイナマイト
  • とろサーモン
  • 流れ星
  • なすなかにし
  • 難波横山
  • 日刊ナンセンス
  • にのうらごNON STYLE
  • バッドボーイズ
  • ハマカーン
  • パンクブーブー
  • 髭男爵
  • ビッキーズ
  • 藤崎マーケット
  • フットボールアワー
  • プラスマイナス
  • 平成ノブシコブシ
  • ヘッドライト
  • 変ホ長調
  • POISON GIRL BAND
  • BODY
  • ポテト少年団
  • ボルトボルズ
  • マラドーナ
  • U字工事
  • ライセンス
  • りあるキッズ
  • ルサンチマン
  • レアレア
  • ロザン
  • 我が家
  • 笑い飯

以上64組

感想

M-1グランプリ第6回大会(2006年度)のキャッチフレーズは「大会史上初がいっぱい」。

2003年のM-1チャンピオンであるフットボールアワーが出場し、初めて過去のM-1王者が参戦。

変ホ長調が出場し、初めてプロでないアマチュアのコンビが参戦。

5人組であるザ・プラン9が出場し、初めて2人組のコンピ以外のグループが参戦。

というように、決勝戦放送前から「史上初」というフレーズで大会を盛り上げようとしていました。

そして、今大会を優勝したのはチュートリアル。

最終決戦で審査員全員からの得票で優勝し、これまた史上初の快挙となりました。

これは、もう、観ていて、圧巻の勝利という感じがしました。

最終決戦に進出したフットボールアワーも麒麟も、もちろん面白かったのですが。

やはり、チュートリアルが群を抜いて面白かったとしか言いようがないです。

会場は、割れんばかりの大爆笑!

7人の審査員全員がチュートリアルに投票したのも納得です。

審査員の島田紳助さんが「フットボールアワーも面白かったけど、やっぱりチュートリアルには及ばなかったな」と語っていました。

まさにその通りなんですが、なぜこんなにチュートリアルがダントツに面白かったのか、私にはうまく説明できないです。

何と言うか、ボケとツッコミのテンポとリズムに、徳井さんの変態ぶりがさらに輪をかけて、熱気とかパワーとか場の空気とか、そういうものが全て他のグループとは違っていたという感じです。

個人的に、M-1グランプリ第6回大会(2006年度)はチュートリアルの完全優勝という印象が強すぎて、それ以外のことはあまり思い出せないくらいです。