概要

  • 決勝放送日:2007年12月23日
  • 司会:今田耕司/小池栄子
  • 視聴率:関東18.6%/関西30.4%
  • 予選参加者数:4239組
  • 大会期間:2007年9月1日~12月23日

決勝進出者

  • キングコング(西野亮廣/梶原雄太):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
  • ザブングル(松尾陽介/加藤歩):ワタナベエンターテインメント所属
  • サンドウィッチマン (伊達みきお/富澤たけし) :フラットファイヴ所属(※敗者復活)
  • ダイアン(西澤裕介/津田篤宏):よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属
  • 千鳥(大悟/ノブ):よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属
  • トータルテンボス(大村朋宏/藤田憲右):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属
  • ハリセンボン(近藤春菜/箕輪はるか):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属
  • POISON GIRL BAND(阿部智則/吉田大吾):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属
  • 笑い飯(西田幸治/哲夫):よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属

審査員

  • 島田紳助
  • 松本人志
  • 上沼恵美子
  • ラサール石井
  • オール巨人
  • 大竹まこと
  • 中田カウス

決戦出場者 得点状況

順位 グループ名 総合得点 島田
紳助
松本
人志
上沼
恵美子
ラサール
石井
オール
巨人
大竹
まこと
中田
カウス
1 サンドウィッチマン 651 98 95 95 95 92 84 92
2 キングコング 650 96 93 97 95 88 90 91
3 トータルテンボス 646 96 93 95 95 90 84 93
4 ハリセンボン 608 86 88 93 84 86 85 86
5 笑い飯 604 85 85 89 85 83 85 92
6 ザブングル 597 86 90 92 84 79 84 82
7 ダイアン 593 86 85 89 86 81 82 84
8 千鳥 580 86 80 85 80 87 81 81
9 POISON GIRL BAND 577 75 90 81 82 84 80 85

最終決戦 投票結果

順位 グループ名 得票数 島田
紳助
松本
人志
上沼
恵美子
ラサール
石井
オール
巨人
大竹
まこと
中田
カウス
優勝 サンドウィッチマン 4票
2位 トータルテンボス 2票
3位 キングコング 1票

準決勝進出者一覧

  • アームストロング
  • アジアン
  • えんにち
  • オードリー
  • 大脇里村ゼミナール
  • オリエンタルラジオ
  • 勝山梶
  • カナリア
  • 鎌鼬
  • GAG少年楽団
  • ギャロップ
  • キャン×キャン
  • 麒麟
  • キングコング
  • 高校デビュー
  • ザ☆健康ボーイズ
  • 座長座長
  • ザ・パンチ
  • ザ・プラン9
  • ザブングル
  • サンドウィッチマン
  • 三拍子
  • 磁石
  • ジパング上陸作戦
  • ジャルジャル
  • 志ん茶
  • span!
  • スピードワゴン
  • スマイル
  • ゼミナールキッチン
  • ソラシド
  • ダイアン
  • タイムマシーン3号
  • チーモンチョーチュウ
  • 千鳥
  • 超新塾
  • 天竺鼠
  • 天津
  • 東京ダイナマイト
  • とろサーモン
  • トータルテンボス
  • ナイツ
  • 流れ星
  • なすなかにし
  • NON STYLE
  • ハイキングウォーキング
  • はだか電球
  • ハム
  • ハリセンボン
  • パンクブーブー
  • ピース
  • ヒカリゴケ
  • 髭男爵
  • 藤崎マーケット
  • プラスマイナス
  • ブレーメン
  • 平成ノブシコブシ
  • ヘッドライト
  • POISON GIRL BAND
  • BODY
  • まえだまえだ
  • マシンガンズ
  • モンスターエンジン
  • U字工事
  • ラフ・コントロール
  • 我が家
  • 笑い飯

以上67組

感想

おそらく、M-1史上、最もチャンピオンを決めるのが難しかった大会だと思います。

最終決戦には、サンドウィッチマン、トータルテンボス、キングコングの3組が進出しましたが、誰が優勝してもおかしくない状態。

ただ、サンドウィッチマンが敗者復活からの決勝トーナメント進出を決めたときから、場の空気が一気に変わった感じがしました。

会場もお茶の間も、さらに盛り上がったという感じですかね。

私も正直びっくりしました。

以前から「エンタの神様」でサンドウィッチマンを見ていて大笑いさせてもらっていたので、まじでか!とめっちゃ興奮しましたから。

しかも、サンドウィッチマンの決勝トーナメントでの漫才もめちゃめちゃ面白くて、さらに大盛り上がり。

島田紳助さんも絶賛してましたし、オール巨人師匠も「なぜ、今まで出てこなかったのか不思議なくらい。これ、大変なことになりますよ」とコメントしていました。

それに対してサンドウィッチマンの伊達さんが「もうネタがないんですよ」と言ってしましたが、ある意味貫録を感じる言葉でした。

後日談になりますが、サンドウィッチマンに追い風が吹いていることを感じ、キングコングの西野さんは焦ったらしく、相方の梶原さんに即興で何かしてくれと頼んだらしいです。

それくらい、サンドウィッチマンの登場はインパクトがありました。

最終決戦を観た後、私の予想ではトータルテンボスが優勝かなと思い、願望ではサンドウィッチマンに優勝してほしいと思いました。

結果、サンドウィッチマンがM-1グランプリ第7回大会(2007年度)のチャンピオンとなりました。

ほんと、これは僅差の優勝だったと思います。

島田紳助さんのコメントでは「(決勝トーナメントと最終決戦の)両方合わせた結果やね」ということでしたが、なるほどと納得。

個人的には、よかったなあという結果でした。

そして、その後のサンドウィッチマンの活躍は言わずもがなですね。

私の中では、今でもこの大会がM-1の一番の神回という印象を持っています。