概要

  • 決勝放送日:2010年12月26日
  • 司会:今田耕司/上戸彩
  • 視聴率:関東18.7%/関西23.4%
  • 予選参加者数:4835組
  • 大会期間:2010年8月21日~12月26日

決勝進出者

  • カナリア(安達健太郎/ボン溝黒):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属
  • 銀シャリ(鰻和弘/橋本直):よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属
  • ジャルジャル (後藤淳平/福徳秀介):よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属
  • スリムクラブ (真栄田賢/内間政成):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属
  • ナイツ(塙宣之/土屋伸之):マセキ芸能社所属
  • ハライチ(岩井勇気/澤部佑):ワタナベエンターテインメント所属
  • パンクブーブー (佐藤哲夫/黒瀬純):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属(※敗者復活)
  • ピース(綾部祐二/又吉直樹):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
  • 笑い飯(西田幸治/哲夫):よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属

審査員

  • 島田紳助
  • 松本人志
  • 南原清隆
  • 大竹一樹
  • 渡辺正行
  • 宮迫博之
  • 中田カウス

決戦出場者 得点状況

順位 グループ名 総合得点 島田
紳助
松本
人志
南原
清隆
大竹
一樹
渡辺
正行
宮迫
博之
中田
カウス
1 パンクブーブー 668 97 97 94 91 95 98 96
2 笑い飯 668 96 96 98 97 90 95 96
3 スリムクラブ 644 91 96 93 91 88 91 94
4 ピース 629 88 89 87 89 89 92 95
5 銀シャリ 627 87 90 89 89 87 93 92
6 ナイツ 626 92 88 90 90 88 91 87
7 ハライチ 620 87 86 89 90 90 90 88
8 ジャルジャル 606 86 87 88 89 87 90 79
9 カナリア 592 81 85 86 87 85 88 80

最終決戦 投票結果

順位 グループ名 得票数 島田
紳助
松本
人志
南原
清隆
大竹
一樹
渡辺
正行
宮迫
博之
中田
カウス
優勝 笑い飯 4票
2位 スリムクラブ 3票
3位 パンクブーブー 0票

準決勝進出者一覧

  • アーリアン
  • 囲碁将棋
  • ウーマンラッシュアワー
  • カナリア
  • 銀シャリ
  • 磁石
  • ジャルジャル
  • 笑撃戦隊
  • スリムクラブ
  • タイムマシーン3号
  • チーモンチョーチュウ
  • 千鳥
  • 東京ダイナマイト
  • ナイツ
  • ハライチ
  • パンクブーブー
  • ピース
  • プリマ旦那
  • POISON GIRL BAND
  • ゆったり感
  • マヂカルラブリー
  • モンスターエンジン
  • 我が家
  • 笑い飯

以上24組

感想

2015年に復活しましたが、2010年当時はこの大会が最後のM-1グランプリとなりました。

優勝したのは、笑い飯!

2002年の第2回大会からずっと連続で決勝に進出し、優勝まであともう1歩というときも何度かありました。

その笑い飯が2010年最後の大会で優勝したのは、M-1の歴史を象徴しているように感じました。

次に、この大会で強烈なインパクトを残したのは、準優勝のスリムクラブでしょう。

独特の間、というより、間が長すぎる漫才で、1つ1つのワードが異常に耳に残るんですね。

審査員の方々や司会の今田耕司さんを含め、会場は大爆笑。

まさか、「エンタの神様」でフランケンのネタ「いいよ!」をやっていたコンビとは思えませんでした。

正直、あのネタは全く面白なかったです(汗)

ただ、純粋な漫才として考えるなら、やはり笑い飯の方に分があると感じました。

また、敗者復活から最終決戦に進出した前回の王者・パンクブーブーですが、もったいなかったですね。

最終決戦で、決勝とほとんど同じネタを披露したので、パンクブーブーの優勝はないとハッキリ分かるくらいでした。

最終決戦で違うネタをやっていたら、もしかしたら初の2年連続チャンピオンということも…あったと思います。

ともあれ、2010年最後のM-1が、笑い飯の優勝で締めくくられたのは、個人的にとても素敵なことだと思いました。