概要

  • 生年月日:2012年3月22日
  • 性別:牡
  • 毛色:鹿毛
  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アドマイヤグルーヴ
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 生産者:ノーザンファーム
  • 馬主:(有)サンデーレーシング
  • 調教師:堀宣行(美浦)
  • 全戦績:9戦 5勝
  • 主な勝ち鞍:日本ダービー/皐月賞
  • 2015年 JRA賞最優秀3歳牡馬
  • 獲得賞金:5億1660万7000円(日本)
    4,406,904UAEディルハム(海外)

成績

開催日 競馬場 競走名 距離 馬場
状態
着順 人気 頭数 タイム 騎手 斤量 馬体重 勝ち馬
(2着馬)
2014/10/12 東京 2歳新馬 1800 2 1 11 1:48.9 F.ベリー 55 480 ラブユアマン
2014/11/8 東京 2歳未勝利 1800 1 1 14 1:47.5 R.ムーア 55 474 (ショウナンハルカス)
2015/2/1 東京 セントポーリア賞(500万下) 1800 1 1 14 1:46.9 石橋脩 56 488 (ウェルブレッド)
2015/2/15 東京 共同通信杯(G3) 1800 2 1 12 1:47.2 石橋脩 56 488 リアルスティール
2015/4/19 中山 皐月賞(G1) 2000 1 3 15 1:58.2 M.デムーロ 57 486 (リアルスティール)
2015/5/31 東京 東京優駿(G1) 2400 1 1 18 2:23.2
レコード
M.デムーロ 57 484 (サトノラーゼン)
2016/2/28 中山 中山記念(G2) 1800 1 1 11 1:45.9 M.デムーロ 57 502 (アンビシャス)
2016/3/26 メイダン
(UAE)
ドバイシーマクラシック(G1) 2410 2 9 M.デムーロ 57 Postponed
2016/6/26 阪神 宝塚記念(G1) 2200 稍重 2 1 17 2:12.8 M.デムーロ 58 498 マリアライト

5代血統表

キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Miesque Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla
マンファス(IRE) ラストタイクーン(IRE) トライマイベスト(USA) Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
Pilot Bird Blakeney Hethersett
Windmill Girl
The Dancer Green Dancer
Khazaeen
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000
サンデーサイレンス
(アメリカ)
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
エアグルーヴ トニービン
(アイルランド)
カンパラ
(イギリス)
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ダイナカール ノーザンテースト
(カナダ)
Northern Dancer
Lady Victoria
シヤダイフエザー ガーサント(フランス)
パロクサイド(イギリス)

余談

個人的に好きな馬でした。

お祖母さんのエアグルーヴが大好きな馬だったからです。

もし故障がなければ、クラシック3冠を成し遂げたのではないか?

競馬ファンなら誰もが想像することでしょう。

皐月賞も日本ダービーも、他馬とは桁違いの末脚で豪快に勝利しましたからね。

ダービーでの故障がなければ、古馬になってももっと活躍できたのではないでしょうか。

ひいおばあちゃんのダイナカールも、お祖母ちゃんのエアグルーヴも、お母さんのアドマイヤグルーヴも古馬になってからも活躍しましたしね。

牝系の血統が証明していると思います。

ドバイシーマクラシックでの落鉄というアクシデントがありましたが、エアグルーヴが引退レースとなった有馬記念で同じように落鉄したのを思い出してしまいます。

ドゥラメンテ自身の最後のレースとなった宝塚記念で再び故障し、レース後にデムーロ騎手が下馬したときは本当にショックでした。

このときの故障もなければ、もしかしたら凱旋門賞優勝という日本競馬界にとって歴史的偉業を達成していたかもしれません。


引退後は種牡馬となり、各年の種付け頭数は、

  • 2017年:284頭
  • 2018年:294頭
  • 2019年:184頭

と、かなりの人気を誇っています。