概要

  • 生年:2014/1/18
  • 性別:牝
  • 毛色:黒鹿毛
  • 父:ハーツクライ
  • 母:リリサイド
  • 母父:American Post
  • 生産者:ノーザンファーム
  • 馬主:(有)キャロットファーム
  • 調教師:矢作芳人(栗東)
  • 全戦績:22戦 7勝
  • 主な勝ち鞍:コックスプレート/有馬記念/宝塚記念/エリザベス女王杯
  • ]

  • 2019年 JRA賞年度代表馬
  • 2018年・2019年 JRA賞最優秀4歳以上牝馬

成績

開催日 競馬場 競走名 距離 馬場
状態
頭数 着順 人気 タイム 騎手 斤量 馬体重 勝ち馬
(2着馬)
2016/8/27 新潟 2歳新馬 芝・1600 18 2 1 1:37.0 中谷雄太 54 432 ルートディレクトリ
2016/9/10 阪神 2歳未勝利 芝・1800 18 1 2 1:46.2
レコード
中谷雄太 54 432 (ガンサリュート)
2016/10/29 東京 アルテミスステークス G3 芝・1600 18 1 1 1:35.5 武豊 54 428 (フローレスマジック)
2016/12/11 阪神 阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝・1600 18 2 2 1:34.2 戸崎圭太 54 434 ソウルスターリング
2017/3/4 阪神 チューリップ賞 G3 芝・1600 12 3 2 1:33.6 武豊 54 438 ソウルスターリング
2017/4/9 阪神 桜花賞 G1 芝・1600 稍重 17 2 3 1:34.6 武豊 55 436 レーヌミノル
2017/5/21 東京 優駿牝馬 G1 芝・2400 18 5 3 2:24.9 武豊 55 432 ソウルスターリング
2017/9/17 阪神 ローズステークス G2 芝・1800 18 3 3 1:45.8 武豊 54 436 ラビットラン
2017/10/15 京都 秋華賞 G1 芝・2000 18 2 4 2:00.4 武豊 55 438 ディアドラ
2017/11/12 京都 エリザベス女王杯 G1 芝・2200 18 8 7 2:14.7 福永祐一 56 444 モズカッチャン
2018/2/4 東京 東京新聞杯 G3 芝・1600 16 1 3 1:34.1 武豊 55 448 (サトノアレス)
2018/4/7 阪神 阪神牝馬ステークス G3 芝・1600 13 3 1 1:34.8 武豊 54 452 ミスパンテール
2018/5/13 東京 ヴィクトリアマイル G1 芝・1600 稍重 18 2 1 1:32.3 武豊 55 450 ジュールポレール
2018/6/3 東京 安田記念 G1 芝・1600 16 8 6 1:32.1 武豊 56 448 モズアスコット
2018/10/13 東京 府中牝馬ステークス G2 芝・1800 11 2 2 1:44.7 M.デムーロ 54 460 ディアドラ
2018/11/11 京都 エリザベス女王杯 G1 芝・2200 17 1 3 2:13.1 J.モレイラ 56 462 (クロコスミア)
2018/12/9 シャティン 香港ヴァーズ G1 芝・2400 14 2 4 2:26.6 J.モレイラ 55.5 不明 Exultant
2019/3/10 中京 金鯱賞 G2 芝・2000 稍重 13 2 5 2:00.3 A.シュタルケ 55 458 ダノンプレミアム
2019/4/28 シャティン クイーンエリザベスIIカップ G1 芝・2000 13 3 2 1:59.0 O.マーフィー 55.5 458 Win Bright
2019/6/23 阪神 宝塚記念 G1 芝・2200 12 1 3 2:10.8 D.レーン 56 460 (キセキ)
2019/10/26 ムーニー
バレー
コックスプレート G1 芝・2040 稍重 14 1 1 2:04.2 D.レーン 57 不明 (Castelvecchio)
2019/12/22 中山 有馬記念 G1 芝・2500 16 1 2 2:30.5 D.レーン 55 468 (サートゥルナーリア)

5代血統表

ハーツクライ
鹿毛 2001
サンデーサイレンス
(アメリカ)
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
アイリッシュダンス トニービン
(アイルランド)
カンパラ
(イギリス)
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ビユーパーダンス
(アメリカ)
Lyphard Northern Dancer
Goofed
My Bupers Bupers
Princess Revoked
リリサイド
(フランス)
鹿毛 2007
American Post Bering Arctic Tern Sea Bird
Bubbling Beauty
Beaune Lyphard
Barbra
Wells Fargo Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Cruising Height Shirley Heights
Nomadic Pleasure
Miller’s Lily ミラーズメイト
(イギリス)
Mill Reef Never Bend
Milan Mill
Primatie Vaguely Noble
Pistol Packer
Lymara Lyphard Northern Dancer
Goofed
Maradadi The Marshal
Dilly Dally

引退後

引退後は繁殖牝馬としての生活を送っています。

初年度の交配相手はモーリスとなりました。

こぼれ話

G1に何度も挑戦するも、なかなか勝ちきれない日々が続きましたね。

正直、G1を勝てないまま引退するのではないかと思っていました。

ところがどっこい!

4歳時に8度目のG1挑戦となったエリザベス女王杯で、悲願のG1制覇を成し遂げるやいなや、その後、宝塚記念、有馬記念、海外のコックスプレートも優勝しました。

牝馬によるグランプリ連覇は史上初の快挙!

歴史に名を残す名牝となりました。